雑感(日記)

雑感(日記)

目を開けたまま寝ている人たちを見つけた

私が働いているオフィスの隣の部署は、会社の中でもっとも役にたたない部署である。 (なにかはいろいろとマズイので書かない) まず一人で独立できるスキルが身につかない。 専門の業者に仕事を丸投げして仕事をした気分になれる部署である...
雑感(日記)

日本製(人)は最高から目覚めた者勝ち

今でも圧倒的多くの日本人は「日本人はアジアで最高。ひょっとしたら世界で最高。東京は世界一の文化レベル」と信じているかもしれません。 心配なのは日本語という言語で鎖国状態におかれている日本人は、日本語を通してしか世界を理解できないという...
雑感(日記)

週刊文春は有料メルマガ

あらためて言うまでもなく、2016年になってから週刊文春の記事の威力はすさまじい。 「センテンス・スプリング」とか「文春砲」とか言われてる。 で、ふと気づいた。 新聞の衰退がすさまじく、週刊誌なんてもっと早く消え去るだろうとい...
デジタルグッズ

Microchipのデバッガーケーブルとか

MicroChipテクノロジーのデバッガーを入手したけど、はたと困った。 手元にRJ-11(電話のコネクター)で6芯フルに繋いだケーブルがない。 電話なんて4芯あれば十分だから、そもそもそんなケーブルが珍しい。 Googl...
雑感(日記)

やっとこさ入手したD-212EX

えっと、まず、今日の話はオーディオです。 そして、オンキョーのD-212EXスピーカーの話を最初にします。 なぜならばこれ、今、完璧に品薄の製品です。 私がAmazonでこのスピーカーに注目してポチったのが, 20...
雑感(日記)

三輪正喜さんを偲ぶ

今の一部の知識人が「本にはなんでも載っている」という。 同様に後世の人はきっと、「インターネットに載っていないことはなかったこと」と言い出すだろう。 それゆえ亡き父「高尾貢」のことや、大事な恩師「大川勉先生」のことも書いておいた...
雑感(日記)

中国脅威論と戦後70年

伊勢崎さんのお話を読んで「なるほどなぁ」と天井を見上げてしまった。 読まない人のために心に残った話を書くならば、 ・ 今の国連のPKOは中立ではない。住民の安全を守るためならば、土地の政府にも発砲する。(理由が知りたかったら読ん...
雑感(日記)

自分を支える思考を変える

先日、新聞を読んでいて「あっ」と感じたことがあるので、 記録しておきたいと思います。 人は「モノの見方」を変えれば、人生は変わります。 それはスピリチュアルな世界ではずーっと言われていたことですが、 学問的に証明してくれている話がありま...
雑感(日記)

個人のスタグフレーション対策

尊敬している野口教授の著作にかぎらず、日本はスタグフレーションにすでに入っている、という認識はおもちだろうか。 スタグフレーションとは、インフレがすすむにもかかわらず景気が悪い状態をいう。 それがなぜマズイかというと、言うまでもなく個々...
雑感(日記)

よく見てみると違うこと。

新聞やテレビの論調だけじゃアテにならんなぁ、と思うことが続く。 小渕優子、マクドナルドなんだけど。
雑感(日記)

中年童貞

「ネット右翼と中年童貞」っていうルポっていうのか記事があって、なんだかすごい偏見だな、と思った。 秋葉原に毎週のように電子部品調達に行く私はオタクとは無縁ではない。 メイドはいたるところにいる街だし、それは安い風俗だ。 メ...
雑感(日記)

宅配便のシステム(佐川vs.ヤマト)

結論から先に。 まったくITなんかわからん人はドライバー(人間)がすべてサポートする佐川。 ITに強くシステムで対応して欲しい人は、クロネコヤマト。
雑感(日記)

フランスの都市伝説

ふと思い出した。 「フランス人は誇り高いので英語を知っていても知らないふりをする」 ってのを。 こういう話を人から聞いた。 フランスのシャネルのCIOがクビになったことがあるそうな。理由は 「英語がしゃべれないから」 シャネルともあろう世界...
雑感(日記)

経済学者を信じてはいけない

新聞やテレビに経済学者を自称する人がよく出てくる。 信じてはいけない。 もともと経済学部出身で、まぁまともに経済学だけは勉強しただけに断言できます。 ずーっと経済学は見つめているけれども、今の経済学は新しい理論を模索中だし、数学偏重から脱却...
雑感(日記)

誰が考えたのか”ミニ浴衣”

おっさんや、おばさんになると伝統に違反するものにうるさくなるのは自覚している。 いくら普段はアウトローなことを考えていてもだ。 が、花火大会の多い今日このごろ「ミニ浴衣」とかいうものがあり、男性からは悪評なようだ。
雑感(日記)

ビッグデータはバラ色の未来じゃない

今日はこのまま放置したら、次元の違う管理社会が数年以内に到来するであろうという事実ベースの予測を書く。 あらためて言うまでもなく、ジョージ・オーウェルの書いた小説「1984年」では完璧な管理社会が描かれたが、小説だった。
ITで遊ぶ

SEO業者の被害者多数

「GMOソリューションパートナーです」と留守電が入っていた。 それが2回も。 何する会社かGoogleで社名を検索したら、、、被害にあった人のブログ、コメントでたいへんなことになっている。
雑感(日記)

社会の変化は記事や雑誌にはめったにのらない

おっさんだから、昔を知っている。 その違いで社会の変化を知ることがある。 若者には残念だけど、わからないことだ。 そのひとつが、「機械が仕事を奪う」ということだ。
雑感(日記)

プロの学習の仕方

知には形式知と暗黙知がある。 この言葉すらしらない人が増えた。 知性というものが軽んじられるようになったのは、大前研一氏の話が本当なら愚民化教育の一環だったと思う。 形式知とは、明文化され本に書かれた知識である。学生は高校...
サラリーマンのふり

日本の産業を壊しているのは人事

ブログなので好きに書かせてもらいたい。 まず、ここのところ気になった事件を2つ書きます。 人気店のパンと偽り販売、百貨店イベントで