巷のビジネスを見て

巷のビジネスを見て

個人でやる新しいビジネスは、

私のブログなんて、たいした権威があるわけじゃない。 日々、自分が感じていることを書いているだけです。 でも、長年サラリーマンと、経営者をこっそりやってきて、いろいろ思うことがあります。 過去のダラダラを読めば、サラリーマン...
巷のビジネスを見て

やっぱりヤバかった郵便局

今年の3月にヤバイ郵便局!かかわるなという記事を書いていたら予想どおりあたってしまった。 郵便局の株、空売りしておけばよかったな 笑 ああいう中央にデンと座った人間が現場も知らずに過剰なノルマを押し付けていたら絶対に事件は起きる...
巷のビジネスを見て

TOPPOINTという雑誌があってだな

今までこのブログに書いていないようでビックリしたんだけど、 TOPPOINTという年会費を払ったら送られてくる雑誌があります。 毎月10冊ほどのビジネス書のまとめを書いた月刊誌です。 著作権大丈夫か?と思いますが、感想文集という扱...
巷のビジネスを見て

いつまで資格勉強するのか?

最近、ようやく「サムライ業」(公認会計士、弁護士、医師)など「師/士」がついて排他的にやれる職業の資格を取っても、安泰な生活ができるとは限らない、ということが知られつつあります。 もちろん学歴を知らない人、ものすごく所得の低い人は「い...
巷のビジネスを見て

また、アニメ制作会社のブラックぶり

週刊文春オンラインの記事「アニメ制作会社「マッドハウス」社員は月393時間働き、帰宅途中に倒れた」 アニメを見ている人達はこのブラックぶりを知っているのだろうか? それでも楽しめる? 私は恐ろしくて、悲しくて、見ることがで...
巷のビジネスを見て

スタートアップ企業がよくやる失敗

前回、近道しようとして人生でつまずく話を書きました。 実はとてもよくある話です。 今日はスタートアップ企業が同じ近道の罠にはまったパターンを書きます。 Littlebitsという製品/会社があります。電子部品をケースにいれ...
巷のビジネスを見て

「無謬性のロジック」という言葉

日本が財政破綻したら? 危機意識なき安倍首相の「無謬性のロジック」とは - 小林 慶一郎という記事があって、はじめて「無謬性のロジック」という言葉をしった。 しばしばドラマなどでエリートと称する人間が、さもすべてのことを考えたかのよう...
巷のビジネスを見て

アニメオタクが人の血を吸っているような気がしてきた

もちろん、普通に漫画や映画を消費している人にそんなつもりがないことは理解しています。 しかし、ハフィントンポストが報じるビ・ハイアの従業員が自殺に至る過程の記事や(たぶん社長の分離した言動はサイコパス気質だと思う)、2014年にA-1...
巷のビジネスを見て

また経済産業省の夢

(図はマイクロソフト提唱のDX) 経済産業省がDXレポート ~ITシステム「2025年の崖」克服とDXの本格的な展開~というデジタルトランスフォーメーションについて日本のあるべき姿のレポートを発表した。 これね、あるべき姿はすで...
巷のビジネスを見て

クレジットカードの次

キャッシュレス社会っていうけど、その方法は大きく別れてふたつだと思う。 ひとつはクレジットカードにチャージする方法。 もうひとつは銀行口座から月次にしろオンラインにしろ引き落とす方法。 中国でAliPayが主流になったのは...
巷のビジネスを見て

中高年こそ、今すぐ起業

久しぶりの起業ネタ。 雑誌のSPAに 10年後では遅い! 今すぐ“複業”でW収入を目指すべきワケというのが出ていた。 続々大企業や役所で副業が解禁されている流れを「妻子を養う責任がない自由に動ける若手社員だけの話」と解釈する愚...
巷のビジネスを見て

郵便局の偉いさんってホントーにビジネスセンスがない

これを見てください。 とある郵便局の入り口のパンフレット。 慶弔事、クルマ、贈り物、クロワッサン、スマホ、化粧品。 こんだけ無関係なものを並べて、客が信頼して買うとでも思ってるのかね? まるでど田舎のよろず屋じゃ...
巷のビジネスを見て

大塚家具から学ぶ経営

最近、しょっちゅう大塚家具の経営難が新聞に載る。 私が思うことを書いておきたい。 新聞記事とネットでの多くの人の評論を読むとネガティブな話ばかりで残念になる。 経営難であることと、事業とは違うと思う。 たしかに毎期赤...
巷のビジネスを見て

日本IBMがリストラ裁判で負け続ける理由を城氏が語る

日本IBMはなぜリストラ裁判で負け続けるのか 私からすると、日本IBMの人事「も」無能で外人上司に「YES,YES,YEEEES」としか言ってないからだろう。 日本では社労士を巻き込んで周到にやめさせるんだよ、と教えてあげる能力もな...
巷のビジネスを見て

百貨店のオンラインショップを嗤う

いやぁおもしろい。 百貨店が運営しているオンラインショップ 高島屋オンライン 三越伊勢丹通信販売 どちらも「なぜ、このサイトから買わないといけないか?」がまるでない。 高島屋が浅草の職人の仕事ぶりを紹介しようが...
巷のビジネスを見て

フリーランサーを使っていい分野悪い分野

起業している人、サラリーマンを問わず自分がもっていない専門分野についてフリーランサーを利用できないか?と考えると思います。 ここでは私の体験(事実)をいくつか書いてみます。 その前にフリーランサーとそういう会社を使うことの違いを...
巷のビジネスを見て

愚鈍な経営者でも会社は伸びることがある

いつも書いているのですが、企業の業績が伸びるのは時の偶然のなせるわざであることが多いと思っています。 今、目の前でおもしろい実例が出ています。 業績のよろしくない「幸楽苑」がいきなりステーキのフランチャイズをするそうです。 ...
巷のビジネスを見て

仮想通貨と骨董品

最近、仮想通貨の値上がりが激しいという話題をよくみかける。 やれ、一年前にもっていたら10倍になったとか。 私は完全にネガティブなんだよね。 考えてみてくださいよ。 そんなネズミ講みたいな通貨を自分の給料で買う気がし...
巷のビジネスを見て

「即戦力」ってなんだよ?

ネットをやっていると求人広告によく出会う。 インチキ人材紹介会社もCMで叫んでいる。 「即戦力」っていう言葉。 なに、これ? 俺が想像するに、その会社で新卒から育って他社をロクにしらない人事担当とかいうふざけた仕事を...
巷のビジネスを見て

ITバブルのアホさ加減

ふと、こんなバカな話を思い出しました。 「ネットで懸賞に応募する時、住所やメアドや名前を入れるのめんどくさいですよね。 それを自動で入れてくれる会社を作ろうと思います」 いまや個人情報が保護される時代に、こんな企画どう思います...