ITで遊ぶ

プログラミング

ブラウザーで地図を表示する

タイトルどおりの記事は多いが、その地図でいろいろなにかしようという記事はとても少ない。 いろんなところからかきあつめて、これでとにかく動くというHTMLがこれです。 もちろんウクライナのプログラマー、Volodymyr Agafon...
サーバー技術

論理的なバックアップ

UTM上のUbuntuが使用不可能となりました。 バックアップを誤って消したら、本体のはずのものが動かない。ガーン しかし、あまりめげていません。 なぜならば、ここで記事として論理的には残してあるからです。 だらだら...
ロボット

Dronekitの調査

PythonからドローンをコントロールするツールのほとんどはPyMAVLinkというパッケージを利用している。 しかし、PyMAVLinkは使い方が難しいから、Dronekitという上位(=より簡単)のパッケージがある。 もともとは...
ロボット

Flysky社のプロポ

中国から自作ドローンのキットを輸入したり、Youtubeでドローンの組み立てを見ていると、ほんとうによくお目にかかるのがFlyskyのプロポ。 何しろ安い。送受信機の組み合わせで1万円以下で売られています。 日本のFUTAB...
ロボット

Ardupilot mavgenが生成するモジュールとmavutil

Ardupilotのプログラミング環境において、多くはPythonで間に合う。 PyMAVLinkという低レベルな操作、Dronekitとという高水準なものまであり、MAVProxyなどもPythonで書かれている。 ただし、Firmw...
サーバー技術

Python Framework

今どきのウェブアプリ Webアプリケーションで、画面が遷移しないで、刻々とグラフや数値が変わったり、地図が移動するものを見たことはありませんか? そういうアプリはWebSocketを使い、サーバーと通信しながら画面の描画はJavas...
Mac OSX

M1 Mac上にArdupilotの環境を作る

ドローンのシステム開発をM1 Mac上でやろうとすると様々な制限から取らざるを得ない、典型的な構成のはずなんですが、英語圏をふくめこの構成が書かれたものが見つかりません。 とくに仮想計算機のUbuntuとQGroundControlをMA...
ロボット

ドローンにビデオカメラと限界と今後

ドローンのカメラは専用よりも、「WiFiカメラ」が安くてオススメ。
Mac OSX

VSCodeでRaspberry piのプログラム開発

ちょっと講習会に出てWindowsのVSCodeでWSL上のUbuntuのPythonプログラムを開発できることを知りました。 この手法、Raspiでできないの?という素朴な疑問から探した導入手順。 ちなみにやっているのはMac上です。...
ロボット

MAVProxy (Raspiコンパニオンコンピューターの設定)

前回はハードウェアの構成をしました。 最終的には繋がっています。結論は最後にあります。ただ、マニュアルは有効な情報がたくさんあるのでチラ見して頭の片隅に入れておいてください。 MAVProxyドキュメントより MAVP...
プログラミング

やっぱりドットインストールは勉強にいい

エンジニアは常に勉強していないと取り残されます。 エンジニアのみなさんはどうやって新しい知識を仕入れていますか? 私はいろいろなルートです。 本買ったり、Youtube見たり、講習会に出てみたり、オンラインのラーニングサイト使...
Windows

WSLコマンドとLAMP設定

DockerがあってもWSLの中でやるほうが安心なのは俺だけか? WSL基本コマンド ステータスを見る wsl -l -v wslのバージョン切り替え wsl --set-version ディストリ名 バージョン ...
ロボット

Ardupilot Boatの研究

必要パーツ 電源はすでに指摘したようにリチウムフェライト。 通常、マルチコプタードローンではリチウムポリマーが使われますが、かなり爆発のトラブルを起こしています。 ボートの場合、重量は比較的ルーズでよく大量に搭載できるのが利点です。 ...
ロボット

自作ドローンの組み立て(4シリーズ最後)

講習会でいろいろ教えてもらいました。 自分にとっては大事だったこと。 識者に指摘してもらったこと GPSとコンパスを兼ねたデバイスの場合、そちらを使い内蔵のコンパスはオフにしたほうが精度は高い。 GPSとコンパスはフライ...
プログラミング

Raspberry Piに本当の乱数発生器が追加されていた

ふと、Raspberry piで"ps -AL"をやってプロセスのリストを見ていたら、見慣れないrngdというものが見えた。 なんなのか、ちょっと調べてビックリ! Raspberry Pi に搭載されている SoCには、ハードウ...
ロボット

Ardupilot (用語の整理)

MAVLink ドローンと地上ステーションの間でデータの送信と受信の決まりを決めた規格 V1とV2があります。 MAVProxy コマンドラインでドローンをコントロールする機能です。 Mission PlannerのCUI...
ロボット

MAVProxy (Raspiコンパニオンコンピューター接続・インストール)

MAVLinkを介してRaspberry Piとのコミュニケーション このページでは、Raspberry Pi (RPi) を接続して構成し、シリアル接続を介して MAVLink プロトコルを使用してフライト コントローラーと通信できるよ...
ロボット

Ardupilot (コンパニオンコンピュータのソフトウェアあれこれ)

(備忘録 出典  と各ページ) コンパニオン コンピューターは、MAVLink プロトコルを使用して、フライト コントローラーにあるArduPilotとの通信に使用できます。 これにより、コンパニオン コンピューターは、オートパイロ...
ロボット

自作ドローンにテレメトリー

ドローンを作って飛ばしたいので、国土交通省のドローン登録に登録申請だしました。 このシステムはすごくよくできていて、かなりカネ使ったな、という感じです。 もちろんドローンの登録は無料じゃないし、3年ごとに更新料を取られます。 しか...
ロボット

自作ドローンの組み立て(3)

金物の構成は前回で終了し、ここからはMission Plannerでキャリブレーションというやっかいな作業にかかります。 全体を一番わかりやすく説明しているYoutubeはたぶんこれだと思います。 半分くらいのところからです。 ...