テクノロジー遊び

部品測定+オシロ+etc.

ちょっと一部で話題になっている測定器 DSO-TC3

さっそくAliexpressで輸入した。

これについている、いろんな部品の特性を検知するテスターは中国でどんどん進化しています。
最初は一回測ったら、リセットして最初からでした。9Vの電池も必要でした。
それが次はすぐに図れるようになり、充電池になりました。
そして、オシロスコープに組み込まれるようになりました。

最初のバージョンはドイツ人が作ったとどこかで読んだことがあります。
調べたら、おそらくMarkus Frejekさんが作ったこれがオリジナルのようです。

さて、DSO-TC3は

  • オシロスコープ
  • 上記の”Cmponent Tester”
  • 周波数発振器(あまり正確ではないようです)
  • ツールボックスに抵抗測定、電圧測定があり、赤外線送信機の信号分析(NECフォーマット)、DS18B20(有名な温度センサー)を繋いだら温度が出る、DHT11(有名な温度湿度センサー)を繋いだら測定できる、という機能がありました。

なんちゃって測定器ですが、定量的にはイマイチですが、定性的にはコンパクトで手元に置けるいい装置だと思います。
英語の説明書はこちらに置いておきました。オリジナルから中國語、ロシア語は抜いてあります。笑)

関連記事

  1. Loox U/G90 チューニング

  2. 低周波発振機(ファンクション・ジェネレータ)

  3. スマホやタブレットにフィルムを貼るべきか?

  4. Microchipのデバッガーケーブルとか

  5. RadioShark2 (for Vista)

  6. RadioShark2

  7. ディスカバリーチャンネルをポータブルAVで見る

  8. BLUETOOTH G-SHOCKを衝動買い

記事をプリント