テクノロジー遊び

Raspberry PIのSDカードのクローンの作り方

動いているRaspberry PIのSDカードのコピーをしたいことが出てきます。

ほとんど同じ設定のものをうごかしたい時とか。配布したい時とか。

Linuxだとddというコマンドがありますが、WindowsしかわからないユーザーにSDカードのイメージをファイルで送って、遠くで作ってもらおうなんて時には、Win32 Disk Imagerを使うといいでしょう。

以下にあります。

https://ja.osdn.net/projects/sfnet_win32diskimager/

「ダウンロードファイル一覧」をクリックしてArchiveから最新をゲットしてください。

Windowsで認識されていないSDカード(Raspberry Piから取り外したSDカード)でもきちんとイメージが取れて、SDカードに書き込めば同じものがクローンできます。

ただし、一度、書き込んだカードはパーティションやらなんやらの関係で書き込めないので、SDカードフォーマッターをSDアソシエーション(https://www.sdcard.org/jp/downloads/formatter/)からダウンロードしてきれいにフォーマットしてください。

そうすればイメージを書き込むことができます。

遠隔地のユーザーにもWin32 Disk Imagerをパソコンにインストールしてもらってイメージファイルを渡してSDカードに書き込んでもらえばよいのです。

Macで作るのは、やっぱ、ddコマンドが簡単です。ここを参考にしましょう。

なお、動いているRaspberry piのSDカードイメージはメニュー内のSD Card copierで取れます。

 

関連記事

  1. M5StickCなどをさらに研究

  2. 中国製品を積極的に楽しむ

  3. カシオ Ex-Word Rise開封の儀

  4. Arduinoに複数のシリアル通信をさせる

  5. Radiation Watch(日本中にガイガーカウンターを)

  6. USB3.0その後

  7. 倉庫に換気扇をつける一案

  8. RadioShark2

記事をプリント