起業

knotにみる起業のメリット

Knotが証明した「中国製の時計は実は高い」」は国産時計の会社Knotの創業者の遠藤氏がいろいろと語っておられる。

起業しようかな、と考えている人は絶対に読んでほしい。

この方も何度も業績を他者に取り上げられていることで、ようやくビジネスの本質にたどり着いた人だ。

会社で業績をあげれば、それを評価してもらい重用されるだろうという考え方が世の中の常識だろうが、その考えが通用するのは、ちょっとした職務上の業績に限る。

その会社の売上が倍になる、屋台骨になるほどの業績をあげると、あげた本人は既存勢力から必ず追い出される。

遠藤氏の半生をよく見てほしい。

とくに日本は男性ほど嫉妬とやっかみで生きている。

だから自分でなんでも決められる、自分の会社をもつことが、最強の手段なのだ。

そして、日本で時計会社を作ることは至難の業なんだね。セイコーやシチズンが踏み荒らした後に。

関連記事

  1. 起業するなら従業員を雇うな

  2. 第一回VOICE波動会議

  3. 新しい事業を作る時

  4. 起業するなら最初からトップ狙い

  5. 久しぶりの出版とメイカーズ

  6. カラーミーを辞めた

  7. リーンスタートアップの実例

  8. 起業のために考えるお金

記事をプリント