リフレッシュには現代美術

サラリーマンのふり

会社やビジネスの悩みから心を切り離すことが、なかなかできない方はよくおられます。

悩みを考える、ということは

なんか考えたら解決するんじゃないか、という考えに

支えられているって気づいたことありますか?

悩みを考えない、っていうこともひとつの選択なのにそれに気づけないのです。

考えたってほとんどの場合は解決しません。

せっぱつまって悪化することのほうが多いです。

いわゆる「煮詰まる」っていう状態ですね。

そういう時、

IMG_1657

「考えないようにする」のではなく、「別のことを考える場所に行く」ことが有効です。

伝統的な美術館で、古典的な絵を見ることも悪くはないのですが、古典的な絵はいろいろ前提となる知識が必要です。

そこでオススメしたいのが、現代美術。

東京は東京都現代美術館というところが木場にあります。

駅から10分以上歩くところが難点です。車のほうがいいかも知れません。

なかなか行けないところに行くことも現代美術です。

 

 

収蔵作品はこちらでチラ見することができます。
[browser-shot url=”http://digitalmuseum.rekibun.or.jp/app/selected/mot-art” width=”500″]
(プレビューでない時はクリックしちまって下さい)

そうするとですね。

「なんじゃ、こりゃ?」とか

「こういう風に見えるんだぁ」なんていうものに出会えます。

例えばこれはガブリエル・オロスコ(Gabriel Orozco)の「ネコとすいか」

Cats_and_Watermlon

クリックで拡大します

 

もうね「はぁ?」ってなもんですわ。

でもね、そう感じている時、先の煮詰まった状態から抜けだしていますよね。

現代美術はストレスを癒してくれますー

ちなみに、ここの一階に置いてあるカラフルな箱型ソファーに座ってみてください。

あまりにも快適で帰るのがイヤになります。

この美術館はあっちこっちに、ユニークな椅子があります。
ぜひ、座りまくってみてください。

さらにカフェもアジアンテイストのなかなかよい場所です。

コメント