ITで遊ぶ

OSXとBluetoothとapt-x

Bluetoothは音が悪い、とよく言われる。
デジタル信号なのに音が悪い

理由は圧縮、再生方法にある。
ほとんどの機器はSBC(SubBand Codec)を採用する。特許(EP-0400755B1)のロイヤリティが無料な点が好まれているようです。
Mpeg1 AudioLayerII相当のクオリティであるかららしい。

で、APT-Xという圧縮方法が今のところBlueToothの音のインプリとしてはよいとされている。

じゃ、それ、誰が使えるのというと、我がMacのOSXはMountain Lion以降はサポートしているという。
私のOSXのバージョンはMarverics

巷ではターミナルを出して、default ….と打ち込めとあるがダメでした。

Developper ToolのHardware IO tools for Xcodeをダウンロード、展開して、中にあるBluetooth Explorerを起動。

ToolからAudio Optionを起動。
BluetoothExplorer

そこでAPTXにチェックを入れて終了。
audiooption

私の場合、リブートしたら反映されました。
BLUETOOTHのメニューアイコンをOPTIONボタンを押しながらクリック。
bluetoothprofile

私の場合、実際に再生しないと接続しただけではCODECは表示されないです。。。

関連記事

  1. LOOX U/G90 vs. Ubuntu 11.04

  2. 生き延びているOS

  3. 不自然な宇宙

  4. スマホやタブレットにフィルムを貼るべきか?

  5. Loox U/G90 チューニング

  6. LOOX U/G90 WIndowsXP

  7. Mac miniの使いみち

  8. 録音した会話を文字おこしするひとつの方法(Mac)

記事をプリント