割合と最近、気づいて2台もっているものが、このLCR-T4という部品を測るテスターです。

ゼロプレッシャソケットで足を挟んで測定するので、テスターより便利。

こんな感じでインダクタ、コンデンサ、ダイオード、デュアルダイオード、MOSFET、トランジスタ、サイリスタ、レギュレータ、LED、抵抗器を一台で自動測定できます。

Amazonでも基盤だけだったりケース入りだったり、いろんなバリエーションが売られています。

ほとんどが中国製なのですが、あるレビューを見ると元はmicrocontroller.netがAVR Transistor Testerとして発表したオープンソースです。

ドイツですね。
中華製と揶揄している連中はどう思うのでしょうか?

ドキュメントを読んでいると、周波数測定、周波数発生、電圧を測定する機能もあるらしいですー。

ソースコードとマニュアルへのリンクがありました。いろんなタイプのプロセッサーやディスプレイでもOKのようです。すごいな。