炊き込みご飯、好きですか?

私も好きです。

この休みの日に気が向いたので、丸美屋の釜飯の素じゃなく、きちんと材料から作ろうと思いました。

材料は

  • 鶏胸肉
  • にんじん
  • こんにゃく
  • あげ

にしました。

普通はこれを細かく刻んだら、炊飯器に米と一緒にいれてだし汁入れて炊くんでしょうな。

が、その普通の方法は問題があります。

具をたくさん入れすぎるとうまく炊けないのです。勢い、釜飯の素くらいのちょびっとの量にならざるを得ません。
いやいや家でせっかく作るんですし、材料が余るのはイヤですからたくさん具は入れたいものです。

発展系としては、材料だけを先に煮て味付けをし、米と炊く方法があります。

この方法で難しいのは味付けです。釜飯などの炊き込みご飯を作る時は、「これ、うすすぎじゃないかな?」くらいの味付けでいいのです。でもそれは勇気がいります。

そして水分の調整が難しい。専門店によりますが、やっぱりベチャベチャなご飯になってしまっているところもあります。炊き込みご飯はすっきり硬めじゃなきゃおいしくないですが、水分調整は難しいものです。

今回、私が使った方法は邪道ですが、具だけ煮て味付けをし(砂糖、しょうゆ、みりん)、ご飯はダシで炊いて最後にあわせる方法です。

この方法は味付けも水分調整も簡単です。

ご飯は通常どおりにセットして、2合でめんつゆ(3倍希釈)を大さじ3杯でちょうどいいです。もちろん水の量は少なめにしてください。

炊き上がったら薄めに味付けした具とまぜます。この時、水分はかなり飛びますから、いい感じに仕上がります。具とご飯が半分半分くらいでしたが、なんの問題もありませんでした。