フルーティな欧風カレー

By ttakao, 2016年11月19日

筆頭は神保町にあるボンディ。

同系統は神保町交差点にあるカヴィアル(最初は神田にあったが移った)。半蔵門にあるプティフ・ア・ラ・カンパーニュ。これはプティフ・ア・ラ・カンパーニュのビーフ大盛りの写真

curry2

 

久しぶりに行き感動したので、あらためて神保町のボンディのレシピを調べてみたら、なんと公表されておりました。

<材料(4人分)>
・鶏モモ肉 600g ・カレー粉少々  ・塩 少々
<ブイヨン>
・水 500CC
・鶏ガラスープ 大さじ1
・玉ねぎ1コ
・セロリ半分
・にんじん半分
・ローリエ 1枚
<カレーソース>
・カレー粉 大さじ3
・マサラ 小さじ1
・トマト1コ
・リンゴ1コ
・バナナ 1本
・桃(缶)2コ
・牛乳 100CC
・バター 100g
・にんにく1片
・赤ワイン100CC
・生クリーム 100CC
・ルウ(甘口・中辛・辛口)4皿分
<作り方>
1.鶏肉に下味をつける
2.鶏ガラスープに野菜とローリエを加え20分煮込む
3.カレーソースの材料をミキサーにかける
4.バターで鶏肉をソテー
5.残り汁に赤ワイン、カレーソース、生クリームを加える
6.野菜をミキサーにかけ、カレーソースに加えブイヨンと合わせる
7.ルウを加えて完成
<ポイント>
☆ミキサーで簡単にカレーソースを作る
☆辛さの違う3種類のルウをブレンド

朝はビタミン! からの引用です)

で、店のご主人曰く、家庭で作るなら不二家ネクターをぶっこむといいと言うこと。
ルーはS&Bディナーカレーが最も欧風カレーっぽいのだそうです。

 

やってみました。揃えた材料は写真のとおりですが、水の関係で10皿分作りました。

curry1

 

鶏は使わず、今回は牛肉はロリエとセロリだけで圧力鍋で25分加熱しました。
どうしても水500ccは必要です。

玉ねぎはレシピと違い大幅増量で3個。それをふくめ野菜を炒めトマト水煮、りんご、ネクター、バナナと一緒にミキサーにかけ「野菜ペースト」を作ります。これがだいたい500cc。
20-30分煮て、肉を煮たスープを加えもう少し煮込みました。

で、店主の評価の高いS&Bディナーカレーを入れます。香りはかなりボンディー。さぁ完成!

のはずでしたが、味見をすると甘みとカレーの辛味がバラバラです。
仕方ないので冷蔵庫で一晩寝かせました。
今日、食べてみたら、、、、確かに絶品、フルーティ。
ネクターはウソじゃなかった。
家人も「そこそこ、ボンディに近い」と言ってもらえました。

 

What do you think?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です