雑感(日記)

アニメより実写

ここのところNetflixやAmazon Primeでアニメを延々と見ていた。
理由はおもしろいことと、最近、ウケる要素はなんなのか知りたいと思ったから。
(ちなみに「葬送のフリーレン」を一回目から見直してようやく葬送の意味を理解する大バカモノです)

でもだんだん退屈してくる。
よくよく考えるとアニメに出てくる人物って俳優だと考えると表現がものすごく貧弱だから。
ちょっと下のマーロン・ブランドの演技を見てほしい。

顔をかいたり、服をはたいたり、喋る時に手を振ったり、ものすごくストーリーとは関係ない動作が多い。
そして独特の間(ま)がある。
でも、それがドン・コルレオーネという人間を構成していると思いませんか?

アニメはどうしてもストーリーに最低限の絵しか書きたくないだろうから、役者としては大根役者になってしまっています。

やっぱり俳優ってすごい。

関連記事

  1. だまされた日本人!

  2. 元名大女子学生の殺人事件

  3. 地球温暖化の原因はCO2ではない

  4. 保護中: フラッシュバック、やべぇ

  5. 人はどこまで「自分勝手」になれるか

  6. 今の日本のビジネスの立ち位置

  7. 「サザエさん」の作者、長谷川町子は生涯独身だった

  8. 「一万時間の努力」が通用しない世界のほうが多い