起業

カラーミーを辞めた

2014年からずっとカラーミーを使ってきました。ですから丸10年使ったことになります。

2014年当時はECサイトを作れるサービスとしては、とても安いのに機能は十分だったこと、決済機能がすでにいくつかあったことが魅力でした。

いくつかのショップを作りました。システム開発を理解していない北斗社にウェブサイトデザインをまかせたところ、セキュリティ問題を起こすわ、Wordpressの自動アップデートで壊れたシステムをSI契約を盾に改修を断るという信じられない対応も経験しました。
あの程度の実力で会社として仕事するんだと感心しました。残念だけど紹介してくれた人とはさようなら。
紹介してもらうってことは、実力を保証するってことだからね。

決済は最初は銀行振込みのみでしたが、Paypalのビジネスユーザーの認定を受け、Paypalのインターフェースがカラーミーにもあったので、使いました。

しかし、カラーミーが決済機能をイプシロンに一任してから、私にとってカラーミーはつきあいにくいサービスになりはじめました。
例えばAmazonPayの決済を使いたくてもイプシロンをとおせ、と言います。Amazonの与信ではなくイプシロンの審査をとおらないと使えないのです。実際に私はおそらくイプシロンをとおさずにPaypalを使っていたからでしょう。イプシロンはAmazonPayを使わせてくれませんでした。おかしいと思いませんか?

閑話休題

カラーミーがさらにおかしくなったのは、上場してからです。
オプションがサブスクリプション課金となりました。サブスクって月々は安く見えますが、長期間使っているとアホらしい金額になっていきます。
さらに基本であった機能が毎年なくなります。納品書の印刷機能がなくなったり、売上データ取得メニューが変なところにいったり、毎年、改悪です。オプション課金したいんでしょうね。長い間使っている顧客への裏切りです。

そのくせ月額料金は値上げされ、今や他のECサイトと変わりません。

一方でWordPressのプラグインであるWooCommerceが安定してきました。こちらはWooPaymentを使わない限り無料です。
Woopaymentを使わなくてもPaypal決済はできます。
カラーミーの基本機能と決してひけをとりません。事例もたくさんウェブで見つかります。なにしろ世界中で使われていますから。
ECサイトを理解している人は、乗り換えを検討してはいかがでしょうか?

これからECサイトを計画している初心者の人はカラーミーより、Shopifyのほうが絶対にオススメです。
ちょっと深いところが英語というネックもありますが。

カラーミーの改悪につぐ改悪は、とても残念でした。

関連記事

  1. 起業用ハンコ

  2. お金を儲ける事に遠慮してしまいます、への回答が秀逸すぎる件

  3. 起業するなら従業員を雇うな

  4. ウェブマーケティングツール

  5. 日本のDIY市場の勘違い

  6. 出版のコツ(畑田ノウハウ+)

  7. 起業のために考えるお金

  8. 近未来に必ず起きるとわかりきっていること

記事をプリント