サラリーマンのふり

進路をとうに失ったベンチャーはどうなる?

元楽天のECコンサルタントのblogが勇気ある経験談を書いている。

要約すると「お客であるお店からむしることしか考えていません」ということのようだ。

そもそもビジネスとして楽天に出店する意味が、私にはわからない。売上の20%も持って行かれて、かつ、安い価格で商売するってなにすればええのん?
Yahoo!に行ったほうがマシだと思うけど、情弱ショップは知らないんだろうな。

追記:ケータイゲーム制作会社インデックスも民事再生し、経営者の落合会長と妻で社長の小川(旧姓)も粉飾決算で逮捕。

やはり進路がなかったのだろう。

 

関連記事

  1. 百貨店のオンラインショップを嗤う

  2. 東芝問題がいろんな話で塗りつぶされていくけど

  3. 明暗をわけたカシオとシャープ

  4. ブラウザーはOSか?

  5. イースターなど

  6. 高学歴なのに稼げないと嘆く前に

  7. 理想のブックリーダーを求めて(2)

  8. 銀座のホステスはほとんど韓国人、、、かもしれない

記事をプリント