東京駅の中華料理屋

料理とお酒

東京駅の中に東京炒飯というチャーハン専門店があって、これがとてつもない暴力的な値段で1500円とか2000円とかする。

朝、めぼしいものがなかったので入ってみた。
泡飯と書いてボーファンという、中国ではよくある朝食です、って書いてあるけれどきっと嘘だと思う。

ちょっとご飯に野菜スープかけて600円。

もちろん味はご想像のとおりで、そんなおいしいもんじゃありませんでしたとさ。永谷園のお茶漬けのほうが私は好き。

泡飯と書いた表札が後ろに見えてると思うけど、このように立ててると店員が必ず倒しにくる。何度立てても倒しに来る。

この写真を撮った後も倒しに来た。なんでそんなにムキになってるんだろ?

東京駅の中の中華料理屋はいい思いをしたことがない。頂上麺というフカヒレスープのラーメンがある。恵比寿の筑紫樓の出店。これがまたひどい。1600円出して、どこにフカヒレがあるのかわからない。まだ、クノールのフカヒレスープのほうがマシだろうな。上京してくる観光客がメインだからバカにしているとしか思えない。
10年近く前、恵比寿で始めて食べた時は感動したけど、それを知っているからなおさら怒りがわく。

東京駅でのベストの中華料理は崎陽軒の特製シウマイだろうな。ただね、これもなんで12個入りしか売らないのか理解に苦しむ。6個入り売ってくれよ。

コメント

  1. うすい より:

    東京駅中はあんパン専門店が好きです。
    1個150円とちょい高いのですが、あんパンしか作ってないストイックさが好きで、遠出の際にそのあんパンと牛乳(まるで刑事ドラマ)を買って、電車に乗り込みます。

    しかし駅中ビジネスってのはどうなんだろうなぁ。