運がよくなるコツ

心理学者リチャード・ワイズマン氏は、18歳?84歳までの男女400人を10年間にわたって観察し、ラッキーな人・アンラッキーな人の2つのタイプで比較分析しました。
英紙「テレグラフ」で研究結果を発表し、以下の法則をラッキーな人に発見したそうです。

その1: 好機を自ら創り出し、これを見つけることに長けている

その2: 自分の直感に耳を傾け、より幸せな決断ができる

その3: 将来を前向きに予測できる

その4: 不運を好転させるしなやかさがある

同じことをhawn Achor氏が、心理学系ブログメディア「Psychology Today」で、幸せがより大きな成功を導くと提唱しています。

コメント