サラリーマンのふり

お金ってものを見せられてる気がする

東京電力が放射能を撒いたんだから、賠償しろよ。

と世間ではいう。
ところが、電力という誰もがお客さんのサービス業だから、不思議なことになる。

私企業だから、賠償金が足りなくなったら収入を増やして補うのは当たり前。
そうしないと株主への裏切りになる。

収入を増やすって、もっと電力使わせるか、電気代値上げするか、コストをガツンと下げるか、どれかしかない。

電力をもっと使うのは節電の今日このごろ、置いておこう。

おそらくみんなが期待している、東電社員の給料を下げて払え、っていうのはコストダウンを言っているんだと思う。でも社員って36000人くらいらしいから、一人10万円絞りとっても、月に3億6千万円くらいにしかならない。
焼け石に水。懲罰的な意味はあるかも知れないけど。

じゃ、電気代値上げるか、ということにならざるを得ない。そうすると、あなたも私も感情的には「なんだかへんだよね。」

ちょっと前に水俣病っていう公害があって、チッソって会社が犯人で、チッソが作っている製品は主に化学関係だったから、一般人は知らない。一般人はその後のケミカル製品を購入することで、チッソにお金を払っていた。これだと異論を唱える人はいない。

仮にチッソがティッシュペーパーかなんか作ってて、値上げしたらやっぱり騒ぎになったろうな。

やっぱり、売電会社と送電会社に分けたほうが、わかりがいい気がする。

関連記事

  1. 著作権の議論はいつも止まる

  2. 努力への誤解

  3. 低所得にとどまる人の共通点

  4. とても日本人らしい3Dプリンター論

  5. 確率と比率

  6. 柳井正さんの見識の正しさ

  7. 借りた金は返さなくていい、こともある

  8. 元IBMなら俺もいわせてもらお

記事をプリント