ITで遊ぶ

CodeIgniter 別のViewの書き方

導入したら試しに動かすwelcome.phpに{elapse_time}っていうのがあって、これはきちんと数値が入ってくる。便利そうだ、と調べたら「擬似変数」というらしい。

コントローラーにこんなふうに書けばいいようだ。

$this->load->library('parser');
$data= array('hoge' =>’グー');
$this->parser->parse('viewtemplate',$data);

ここで、’viewtemplate’はViewライブラリー’viewtemplate.php’として置いておく。
これで狂ったようにecho,echoって書かずに{hoge}ですむ。

関連記事

  1. DockerでLAMP(Laravelが動く)環境を作る

  2. 静的HTMLに他HTMLを読み込む方法

  3. JavaScriptグラフィック(1)

  4. web APIサーバーで語られないこと

  5. PHP, Python, Ruby, バランス

  6. 汎用プログラムPythonとeasygui(1)

  7. Visual BasicとAccessDBを配布パッケージにする

  8. Com0Com 64bit版使うよりも

記事をプリント