サラリーマンのふり

豊田章男氏の感受性にまいった

帰国後のインタビューの一節

米国には多くのお客様がいて、販売店、仕入れ先を含めた20万人の従業員がいる。その人たちを守ろうと思って一生懸命(公聴会で)対応したが、あの場面で、実は守られていたのは自分だったんだと実感し、図らずも涙が出てしまった。

これ、作っていえる言葉じゃないですね。さすがです。

関連記事

  1. SEO業者の被害者多数

  2. 東芝問題の裏に隠された本当の問題

  3. クレジットカードの次

  4. 大塚家具から学ぶ経営

  5. とても日本人らしい3Dプリンター論

  6. 新型VAIO、クソ高い!

  7. 著作権ビジネス最前線

  8. 洋楽のレコードが消えた日

記事をプリント