大人の駄菓子屋

料理とお酒

先日、友人に誘われて六本木にある大人向け駄菓子屋レトロポリタンにいってきました。
20080206093
内装は「よく作ったなぁ!」っていうくらい、昭和時代をよく再現しています。
こういう企画モノは、維持するだけでもタイヘンだと思います。お客の入りが悪くなると、あっという間にメンテナンスが悪くなり、レトロ風からボロボロに転落しがちですからね。
お値段もそんなに高くもないけれど、相当に飲んだのでそれなりでした。
駄菓子は食べ放題、料理も「具なしの焼きそば」なんて、よく出す勇気があるな、となかなか笑えます。
夜遅くなってからのほうが混みます。

コメント

  1. たぁ坊 より:

    こう言った趣向のお店は以前から良くありますが、数ヶ月と持たないことが多いようですね。見て楽しんで少額のお買い物だけして顧客は帰って行くので当然利益は上がらず儲からないそうです。
     
    中には儲からないんで掃除代を減らそうと店内を下履き禁止としたところ、主要顧客である女性にたまたまブーツが流行し、ブーツを履いた女性に犬猿され閉店するという笑い話があったことを想い出しました。
     
    最近、レトルト・カレーにヨーグルトをトッピングしたりして店舗内で食べられるお店もあるでTV中継されていました。ひょっとして、そのお店かもしれません。
     
    実は、それらの駄菓子は最近も購入できる場所があります。問屋街に行くと一般人も一つから買えます。何だか久々に行ってみたくなりました。