テクノロジー遊び

USBメモリについて

USBメモリにLinuxを詰め込むことは多い。SYSLINUXのブートテスト、ネットインストール、KNOPPIX, PUPPY Linuxなどいじりまわしていたら、USBメモリが妙に遅くなってきた。Windowsに挿してドライブとして認識されるまで膨大に時間がかかる。なぜだ?
調べるとタイヘンなことが。。。。。

USBメモリに使われているフラッシュメモリにはSLC(シングルレベルセル)、MLC(マルチレベルセル)の2種類があり、SLCだとだいたい10万回くらい、MLCだと1万回くらいの書き込みに耐えるという。当然、前者のほうが高い。確かに店頭に行くと安いUSBメモリと高いUSBメモリがある。私のように遊ぶ人はSLCの高いUSBメモリを買わないと、すぐダメになりますよ。

関連記事

  1. Puppy Linux 4.20

  2. ブルースクリーン出まくり

  3. 水中ならばレールガンが可能かもしれない

  4. mysql操作(1)

  5. VirtualPC

  6. Microsoft製仮想CDドライブ

  7. はんだ付けが捗る道具

  8. スライドプロジェクター

記事をプリント