Microsoft Excelはお買い得?

Mac OSX

Mac OSがCatalinaに変わった時、古いMS Office 2011を使っていた人々はついに諦めねばならなくなりました。
Catalinaは古い32ビットアプリの動作を停止しました。

そこで中華キングソフト製のWPSオフィスを使ってきた私ですが、Excelの「分析ツール」が必要になりました。

しばらく悩みました。

WPSソフト(VBA使用可能)のMac版はサブスクリプションで1年、3,480円。

MicroSoft Excel29019単体はパーマネントライセンスで14,643円。

およそ4倍。これだけ見ると高いよね、M$ってことになります。

ただし、ExcelのほうはWindowsとMacそれぞれ一台に導入可能。
私はメインマシンはiMacとWindows PCなので、一台あたり7300円ということになる。

これだとWPSソフト2年で同じくらい。かつ、「分析ツール」が使える。

WPS導入している間、スプレッドシート以外ほとんど使わないことに気づいていました。

ワープロなんてGoogleのオンラインサービスのドキュメントで凝ってなければ事足りるし、プレゼン資料なんて会社では作るけど、普段は作らない。どうしてもというのであれば、AppleのKey Noteで足りるどころか、こっちのほうがカッコいいのができます。

というわけで、私が必要なのはExcel単体です。
同様の環境の方のご参考まで。

コメント