Com0Com 64bit版使うよりも

プログラミング

パソコンでシリアル通信って時代遅れのようだけど、よく使われます。

たとえば、IOTデバイスとパソコンの間で通信しようとすると最も手軽な方法です。
Arduinoへの書き込みなどもRS-232C通信+です。

さすがに今どきのパソコンにはRS-232C端子なんぞついていませんが、USBで”USBシリアルコンバーター”に接続して使います。

さて、シリアル通信のプログラムを開発する際にもっとも欲しいものがループです。
例えばCOM3—COM4とつないで接続してCOM4をTeratermなんかに接続して、開発プログラムをCOM3にしておくとなにかと捗ります。

ハードを買うのはカネかかるし面倒だ、ってことでソフトウェアを探すといろいろありますが、フリーではCom0Comっていうものが有名です。

しかしこれはれっきとしたデバイスドライバーです。Windows10ではデバイスドライバーはコードサイニングされていない限り導入はできません。

32ビット版は製作者によりサイニングされていますが、64ビット版はされていません。(されているとかいう怪しいコピーはあります)

サイニングされていないデバイスドライバーを使う場合、Windowsをテストモードで立ち上げるということになります。

やってもいいんですが、ここまで頑張ろうという人はひょっとしてハードウェアが高いから、と思っていませんか?

最近、IOTブームのおかげでリアルのUSBシリアルコンバーターって2個で700円くらいです。(Amazonで”FT232″で検索してください)
ブレッドボード(300円)にさして、ケーブル数本。別にないならビニール撚り線でもいいよ。

Com0Comを動かすために多大な犠牲を払うくらいなら、1000円、ポケットマネーで購入しませんか。

それをこんな感じでブレッドボード上で接続すれば、エミュレーターじゃなくリアルのシリアル通信テスト環境ができます。
それぞれをUSBコネクター、なければハブにぶっさせばテスト環境できあがり。
電源のプラスマイナスさえ間違えなければ大丈夫。(写真はクリックすれば拡大されるからさ)

ほんと、Com0Comはおすすめできないです。セキュリティ考えたら危険すぎる。

 

コメント