Googleの検索結果をスプレッドシートに抜く方法

By ttakao, 2016年11月19日

このようなことは、かつてはExcelからIEをActive Xとして呼び出してデータを受け取る方法が主流だったし、ネットにはその方法が大量に載っている。

しかし、もはや古い手法となった。

なぜならば、Windows 10だかでIEはEdgeと名前を変え、まったく新しくなってしまった。
(使いづらさはいやがらせのように相変わらず続いているが)

そこで出て来るのがGoogle SpreadSheet。

これだとバカみたいに簡単だ。

spreadsheet

A欄が検索キーワード

B欄にGoogleの検索用URLを生成

C欄にリンクを抜く

 

B欄には次のようにセット

=“http://www.google.co.jp/search?hl=jp&gl=JP&q=”&A2

C欄には次のようにセット

=IMPORTXML(B2,“//a/@href”)

IMPORTXMLが鍵。これはURLで得たデータをXMLだとしてXPATHでフィルタリングする。
そのページ内にあるリンクはすべて抽出される。 
あとは抽出したリンクをエクセルなりにコピペして作業すればよい。
注意:会社のオフィスなどでファイアーウォールいれてポートを絞っている環境だと、うまくURL検索されないことがあります。ご注意を。

 

 

What do you think?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です