ハーブビジネスってヤバすぎる

ちょっとハーブについて資格取得のための勉強、市場調査していたんですが。。。

ハーブを利用して起業しようという方がおられましたら。。。よほど気をつけてください。

よく見かけませんか?

ハーブからチンキやハーブ水を作って「肌にいい」などの触れ込みで販売しているお店。

完全に薬事法違反です。
捕まったら廃業覚悟でやるのならいいですけれど。

違法なだけに儲けは大きいです。

  • ハーブを売ること、材料を売ることはOK。
  • ハーブの効能を語ることはOK。

でも、これらをあわせてやると途端に違法となり、認可のハードルが跳ね上がります。

また、ハーブから化粧水、チンキなどを作って売ることは「化粧品」の範疇に入り、化粧品製造業の認可を県など地方公共団体からとらねばなりません。

効能を言って加工品を売ったら「全員、アウトぉ」の声がかかります。

そうじゃなくても「茶のしずく」石鹸みたいに、なにが起きるかわからないこともあります。
だから化粧品製造メーカーは大規模に実験するわけですしね。

認可を受けている会社は必ず、化粧品製造販売業(許可番号 )、化粧品輸入販売業(許可番号 )という感じでのっけています。

仕入れるならこういうところからにしてくださいね。

「会社概要」見てもまったくそんなことをのっけてないで、化粧品並の値段で売っているお店はいくらでもネットで見つかりますけど、違法です。

無許可でハーブ加工品作って(どくだみハーブ水、とか)2,3000円で売れば、それはそれは相当にボロい儲けでしょうな。

 

だからハーブのセラピスト講座などで卒業生を作り、ハーブを消費させる仕組みを作る必要があるわけです。

大手のお店はほとんどそうですよね。

学んだこと(ハーブを使ったマッサージとか)をお金を取ってやれば違法となります。
ハーブ系の資格って取得しても稼げない資格なんですよ。

ハーブについて話したり、ハーブそのものを小分けしてお茶として売ったり(これは都道府県によりますが、許可がいらないことが多い)する人は山ほどいるため、競争が激しすぎます。

競合者が多すぎて、労多くして益少ないビジネスという感じです。

人の口に入れたり、体に接触させたりするものは薬事法、医療機器の縛りがあるため要注意です。

コメント

  1. 長井知子 より:

    高尾さん、お久しぶりです
    薬事法は去年改称され
    「医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律」
    (略称:医薬品・医療機器等法)になりました。
    うちも昨日保健所が来てバッチフラワーのコーナーをやたらよく見て、グレーです、と言って帰りました。色々と面倒です。

    • ttakao より:

      薬剤師の長井さん、ありがとうございます。改称したらしいことは知っていましたが「なんだっけなぁ」状態でした。