週末起業について(人を集める)

インターネットでビジネスをしたいという人は多いと思います。

なんとなく感じているかも知れませんが、インターネットで商売をすると、うまくやれば、あくまでもうまくやれば、ですが、営業さんがいらないからです。

ウェブが営業をやってくれる。

私だってえらそーに正解まではかけませんが、たまたま知り合いに鉄ちゃんがおられたので考えてみます。

鉄道オタクは私にはわかりませんが、多いことは○○列車廃業となると、たいへんな人が押し寄せるので、存在の大きさは理解します。

この人たちを集めればいいわけです。私がぱっと見ていて、写真の交流会もグッズの交流会も見つかりませんでした。

ひょっとしたら、すでにあるかも知れません。

もし、あなたがそういうポータルが「すでにあるから、あきらめる」と思っているならば大間違いです。以前も書きましたが、ポータルっていくつかあってもかまわないんです。特色があれば。

ECサイトって楽天って言いますが、ケンコーコムだって立派に商売しています。そういうもんです。

人が集まる場を作ってから、なにを売るのか考えても遅くないんです。

最低限でも、鉄チャンの旅行広告はつけられますよね。

こういう考え方がいまどきのビジネスのスタート方法のひとつだと思っています。多くの人は先にどうやって儲けるか考えたがりますが、ネットの場合、人が集まってにぎやかならば、後からなんでも考えられます。

あまりよくない例ですが、そのとき、そのときではやっているものを節操なくブログ、サクラの書き込みでアクセスを集めアフィリエイとだけで食べている人を知っています。

古い話で恐縮ですが、たまごっちをやっていた人が次にディズニーのキャラグッズをやるような人はたくさんいます。アフィリエイトって人を集める必要がありますから、流行だけを見ています。もちろん掘り下げは甘いのですが、世の中はなにごとも大半が初心者ですから、少し勉強すれば専門家のフリはできる、と。

自分の好きなことじゃなくても、割り切れる人はいいと思います。

コメント