アキバ名物(あきばおー)

デジタルグッズ

アキバにいけば、怪しいデジタルグッズがいっぱい入手できる、と思っていて、実際に行くとどこにあるかわからない、というのが実情かも知れない。
私がよく行くのは首記の「あきばお?」。安くて、ワケのわからんものがいっぱい。
今回思わず購入しちまったのは、「MP5プレイヤー」。
外箱はこんな感じ。
裏には、
■製品仕様
メモリー:microSD/microSDHC 128MB-8GB 対応
動画ファイル:AVI,MP4,3GP,RM,RMVB,ASF,MOV,FLV,MPE,MPG,MPRG,DATなど
画像ファイル:JPG,BMP,GIF対応
音楽ファイル:MP3,WMA,FLAC,APE,AAC対応
OSD 言語:日本語、英語、中国、韓国、イタリア他
対応OS: Windows 2000/XP/Vista
リピート設定:ランダム、一極再生、循環再生など
イコライザー機能:8種類
FMチューナー:日本、アメリカ、ヨーロッパ、中国
ボイスレコーダー機能:背面に集音マイクあり
付属品:本体・USBケーブル・イヤホン
説明書(英語・中国語)・スタイラスペン
充電:付属ケーブルでUSB充電
■新品保障1ヶ月

一応、タッチパネル方式で、対応フォーマットも多いですが、真偽については、後ほど。


外箱の中の内箱に印刷されているのは、どこかで見た写真。期待させます。


内箱を開けたところ、ミイラのようです。

中身
英語の説明書は、ペラペラの紙に細かい印字でとおりいっぺんのことが書いてあります。FMラジオのプリセットはテキストファイルを作って食わせろ、とあります。添付もされていないCD-ROMの説明やらもあります。お店でどっかのおっさんが店員に「これ、説明書あるの?」と聞いていて、店員が「ありません」と答えていたのは、いい対応でした。



一応、電源は入った。

使ってみましたが、想像以上に悲惨です。
なによりもヘッドホンを繋ぐと、ジーというノイズがのってます。音楽を再生すると、非常に高い高周波音がします。安物のヘッドホンしか繋いじゃいけません。
再生していると、3回に1回はなぜかボーカルが遠いです。どういうプログラムを作れば、こんなバグが出るのか不思議です。
時々、タッチパネルにメニューの文字が残ったりもします。デバッグしたのでしょうか?
仕様(日本人は大好きですね)にある外部microSDに入れた音楽はMusicメニューからは触れません。なによりも、iTunesで収録したAACは再生できません。

ググると2chでもかなり話題になっており、不良品率もすごいようです。数日で電源が入らないとか、FMラジオは使えないとか、です。一年保障を受けるにはプラス1000円というメニューも用意されています。
さて、これ、いくらだと思います?

3999円

です

「お金を取るのだから、不良品なんかとんでもない。仕様は完璧であるべき。」と思ったあなたは、古き良き時代の日本人です。出した金額を考慮せずに、過剰品質を求める考え方が日本のデフレを招いているのです。払ったお金と品質がリンクするのが世界での考え方です。
すなわち正しい考え方は、「この値段で、よくこんなもん作ったな。スゲーけど、ヒデー。今回はハズレかな。」と笑うべきなのです。

あきばおーでも、ポータブルMP3プレーヤ、DVDプレーヤ、液晶フォトフレーム、ヘッドホン、ワンセグテレビ、今回のようなポータブルAV機器はわけのわからないメーカー(上記の機器もメーカーは不明です。どこにも、本当にどこにも書いてありません。)は数々あり、試すことは楽しい趣味のひとつです。どれも、きちんとしたものが欲しければ、こんなものに手を出しちゃいけません。

さて、まともなMP3を買いにいくか。。。。。。。

コメント