オリンパス

ファイナンス

証券会社はついに変わらず、投資信託の危険性

オリンパスの飛ばし指南、AIJ投資顧問、中央三井アセット信託銀行のインサイダーなど、すべて野村證券のOBがらみである。野村證券自体が、金融犯罪のノウハウの温床であることはこれらの事実から否定のしようはない。本体はさすがに犯罪で稼ぐわけにもい...
ファイナンス

不祥事会社の株価研究

不祥事は株で儲ける千載一遇のチャンスだ、と裏株格言にある。 ただし、大企業に限るわけだが。。。 大王製紙 オリンパス 東京電力 天変地異以外は、いいチャンスがあるようだ。
雑感(日記)

オリンパスの内部通報者イジメ事件

ものすごく悪質だったので記憶しているが、ここを読むと大弁護士事務所も法の悪用事務所のようで呆れ果てる。 野村総研でのひどいセクハラ事件でも、被害者女性個人を恫喝するために訴訟をしているようだ。この裁判記事はおもしろすぎる。 スクープ!野...
巷のビジネスを見て

オウムとオリンパスと王様

オウムもオリンパスもそっくり。 独裁者 (麻原彰晃 vs. 菊川剛) 陰謀 (サリンを始め数え切れない vs. 巨額損失隠し) 物言うものへの迫害 (上祐史浩 vs. マイケル・ウッドフォード) 責任逃れ (詐病 vs. つい最近...
巷のビジネスを見て

日本企業の迷走の結果

日経ビジネスオンラインで、オリンパスの蹉跌について分析記事が出ている。 もともと中堅光学機メーカーだったオリンパスがデジカメ事業で生き延び、その立役者が今世間を騒がしている菊川氏だったらしい。 が、俺がオリンパスに違和感を覚えた年は古い...
雑感(日記)

オリンパスの雇ったブラック弁護士

産業医と弁護士がグルかぁ。。。こちら で、訴えた社員をキチガイだと認定して精神病院にぶち込み、会社は解雇できる、と。 なかなかよく考えられたシナリオだ。覚えておかねば。 しかも弁護士は50歳代の女性弁護士。はぁ。。。この年齢で、恥を知...