ITで遊ぶ

進歩だけするラズパイOS

しょっちゅういじってるんですが、2024年3月くらいから出た新しいバージョンBookwarmからいろいろ大きく変わって難儀しています。

ネットワーク管理

従来のwpa_supplicantもdhcpも使えなくなり、すべてNetworkmanagerとなりました。
確かにUbuntuなどのPC用パッケージはNetworkmanagerだけど、ラズパイも変わるとは考えなかったなぁ。GUIを入れていないのですべてコマンドラインnmcliで操作する必要があります。

pythonパッケージ管理ツールpipの挙動

pipでパッケージを入れようとすると
error: externally-managed-environment

調べると、「簡単にパッケージなんぞいれるな」ということで仮想環境が推奨されているらしい。
いらんおせっかいだ。

先人の知恵によると、ホームディレクトリー下に.pipというフォルダーを作りpip.confというファイルを作り、以下の定義を入れておけばいいらしい。

[global]
break-system-packages = true

RPI.GPIO使用不可

add_event_detectを使うとRuntimeError: Failed to add edge detectionとなる。
GPIO Zeroが推奨されています。
このgpiozeroですが、buttonでwhen_pressedのようなコールバックを仕掛ける前にスレッドの生成をすると動きません。なんでだろ?

いろいろ変わっていて、一日中、真っ青になって対応してました。

なんてこったい。

関連記事

  1. Raspberry Piに本当の乱数発生器が追加されていた

  2. ハッカソンって騒ぐだけ?

  3. 音声をテキストに(google speech-to-text API)…

  4. CakePHP(3)

  5. CodeIgniter 別のViewの書き方

  6. Windowsスクリプト

  7. Windowsスクリプト

  8. wxPython (PythonのGUI)

記事をプリント