起業

企業の株価の評価

以前から考えていたことの整理のために書いてみたい。

株価の理論値?

まず、現在は株価とは「企業価値から負債を引いたものが株主資本の市場価値となる。これを発行済み株式数で割ったものが株価の理論値」という。
バカだな、と思う。株価は将来の予想で値付けされるものであって、現在の企業価値なんてまるで考慮されない。

ビジネスから見たら無意味な指標

しかも現在の企業価値を知るための以下の指標はことごとく無意味だと私は思っている。

ROE(Return On Earning) = 当期純利益 / 自己資本

これのどこがバカげているかというと、企業価値を評価する時は借金も算入するからだ。理由は「カネを借りることができる信用を他から得ていることも企業価値」という判断基準がある。
また、会社が大赤字をぶっこいた時に生保などに頼んで株を買ってもらい借金を資本金に算入するということもよくやる。
さらに業績のいい企業だと異様に資本金が小さくなったりする。
「自己資本」って企業の今を評価する時、かように頼りない数字なのだ。

同様のことが

ROA(Return On Assets) = 当期純利益 / 総資産

にもいえる。総資産には自己資本も借金も算入されていて長い歴史をもつ会社や、NTTやJRみたいに税金で巨大な資産を作り上げた会社の資産は簿価0でも価値を生み出し続けている。
意味がある数字ではない。

同様のことは

BPS(Block Value per Share) = 純資産 / 発行済総株式数

でもいえる。「今、会社が解散した時の株主の資産」って机上の空論じゃない。解散するような会社の株を買うわけないし、「資産」というものの数字が相当に怪しい。さらに株価を動かしている、市場の未来への期待などどこにも反映されていない。無意味な数字だ。

およそ株価評価の時に資本を評価に加えても、株価を評価できるとは思えない。

使える指標

無意味ともいえない数字もある。

EPS(Earnings Per Share) = 当期純利益 / 発行済み株式数

注意しなきゃいけないのは、この時の「当期純利益」は来季の予想利益で計算する。だから一株あたりどれくらい儲かりそうか、という考え方はおかしくはない。

ただし、

PER(Price Earnings Ratio) = 株価 / EPS  = 株価 / (当期純利益 / 発行済み株式数) = 株価*発行済み株式数 / 当期純利益

だ。

株価は今の数字を使う。それに株式数をかけるのだから、よくいう「時価総額」となる。
それを将来予想の純利益で割るのだ。株価が企業の未来を織り込んでいるとするならば、未来を表した数字かもしれない。
株式市場の結果を示しているだけで、PERが低いから買うってできるのだろうか?
気になる点は発行株式数が多い企業の株はなかなか値動きしない。当たり前だ。少々の数字が変わっても株の多さで薄まるからだ。
みんなが大好きなPERもなかなか使いづらい指標だ。

仕事で使う会社の評価

一方、個人的に企業を評価する時にパッと使う指標がある。
売上高を社員(非正規ふくむ)数で割るのだ。一億円を超えていたら超優秀。5000万円以上なら優秀。それ以下は普通。時々、1000万円を下回る会社があるが話にならん。

もう少し厳密に見たいならば、営業利益を人件費で割ってみる。これって利益を稼ぐために、どれだけの人件費で稼いだか?だ。儲かっている会社は社員数に比べて利益は高い。
設備投資が増産のためであろうが、効率化のためであろうが、人件費は安いにこしたことはない。(このあたりがサラリーマンの生活と、ビジネスの違いだな)
財務を知る人間はそこに気づいているのか、上場企業の有価証券報告書でも販売管理費に人件費を含めてしまって出さない企業は多い。

しかし、上場企業の場合、結構、その企業の内情が見える数字だと思っている。

少なくとも、株価を評価する時にROE, ROA, BPSはあまり見ないほうがいい。自分で事業をやってみればわかる。
上場企業のような継続して続いていく会社経営を評価する時にあまり役に立たない数字だ。

企業で起きる事件

(2023/5:加筆)

以前から思っていたことでやっぱり儲かった。
それは「企業のスキャンダルが起きた時、購入を検討してみよう」だ。

具体的に書く。

オリンピック汚職で電通や紳士服のアオキなどが挙げられた。
個人的な考えだけれども、電通はインターネットの変化についていけていない。過去のラジオ・テレビの栄光が忘れられない。「わからんから若い人にまかせる」とか言って、髙橋まつりさんを殺してしまったりする。(ご冥福を思い出すたびに祈っております。「来世で幸せになりますように。」)
紳士服は今、自分は一着も持っていない。そのようにサラリーマン社会が変化した。

私が目をつけたのはカドカワだ。ここはメディアの大手で儲かっている。角川歴彦氏が逮捕され、株価が大きく下がった。
本業に関係ないスキャンダルでの株価下落は買いだと思っている。2022年9月に2748円で買った(あまり安値ではない)。2023年5月に3110円で売った。もっとあがるかもしれないが、スキャンダル前に戻ったから売った。

ちょっと時間はかかるけれど、ほぼ確実に儲かった。

関連記事

  1. 超高速株取引(HFT)がやっと知られるか?

  2. 事業と投資とバクチ

  3. 企業の合併

  4. 生命保険を使う投資

  5. Fire(早期リタイア)する?

  6. 不祥事会社の株価研究

  7. 株式投資について別の考え方(2)

  8. 市場は物理法則で動く

記事をプリント