軽自動車を買った

雑感(日記)

といっても私が買ったわけじゃなく、家人が自分のお金で買うのにつきあっただけだけど。

でも私は軽自動車って買ったことがないので興味津々でした。

身の回りで購入する人は、とにかく大きくて車高の高いものを選んでいるし、街中でも見かけます。
オリンピック記念でナンバープレートが白なものも出回っていて、きちんと見ないと軽自動車なのか普通自動車なのかわからないですね。

しかし家人はチョイ乗りでイギリスのMiniみたいなかっこいい車を欲しがっていて、選んだのがダイハツのキャスト スタイル。

で、とある理由で神奈川のディーラーさんにお伺いしたのです。

このディーラーは中古車も販売していて、そこで発見したのが「未使用車」
私のような人間には「新古車」という理解です。ディーラーが購入して中古車としている奴。
ニーズがあえばお得です。

見つけた車もグレードは最高グレードでいろいろオプションをおごっているので、トータルとしては高めでした。
しかし軽自動車の出力に疑念をもっている私はターボ車を強く推し、車のカラーが外車っぽかったので購入に至りました。

このディーラーで半年も売れないで私達を待っていてくれたんだな、と思います。

中古車としてオンラインで売られていたので写真はいっぱい。

 

おもしろいのが、リアビューカメラついていたり、電動格納ミーラーがついていたり、ベンチウォーマーがついていたりメーカーオプションが結構搭載されていること。こういうのディーラーの誰が決めるんだろ?

私達は安いカーナビ、ETCカードリーダーとフロアマットだけ追加しました。

ドアの開け締めくらいしたんですが、最近の軽自動車は「ペン!」って感じじゃなくなっているんですね。

来年早々には納車されると思うので、私のほうが楽しみです。どっか遠出してみよう。

 

さて、このダイハツ キャストって今の軽自動車の中では人気はありません。
2021年の販売台数統計では15位。
上位はN-BOXやスペーシアで、箱型の車が並びます。

流行がわかりますね。

内装も「軽自動車ならこんなものでしょう」感。

ところが私達がほしかったのはminiの軽自動車版。

なのでキャスト一択になったわけです。
不人気車だからこそ、これだけの装備の中古車が半年も営業店でお茶ひいていた理由なのだと思います。

これはこれで「楽しい買い物」ができた気がします。

ちなみにダイハツも半導体不足のあおりを受け、新車は2ヶ月後の納車だそうで、中古車が品薄なのだそうです。