ITで遊ぶ

MacでBlu-Ray, DVDをみる

Macには標準で”DVDビューワー”がついているんだけれど、これが使えなくなってきました。
理由はイマドキ 外付けDVDドライブを買うなんていう選択はなく、Blu-Rayドライブを買うと思います。

すると、標準のDVDビューワーではうまく再生できないのです。
繰り返します。Blu-RayドライブでDVDをみるだけでも、”DVDビューワー”ではうまく再生できません。

Blu-RayドライブでDVDを再生できなかったり、途中から画面がぐちゃぐちゃになったり、「暗号化されています」と再生できなかったり。。。

原因は”DVDビューワー”です。

定評のあるMacgo Blu-ray player Proを購入したらなんの問題もなくPioneer BDR-AD07Wという決して新しくないBlu-rayドライブですべて再生できました。最近の外付けBlu-Rayドライブはおそらくコマンドが標準化されているせいかサポート機種を限定していないようです。

ちなみにMacgo Blu-ray player Proですが、Amazonでは10,120円しますが、Appストアでは8,000円でした。
ご存知のようにAppストアで買うと機種を変えても後からインストールされますからラクですね。

標準のDVDビューワーの自動再生を防ぐにはBlue-Ray, DVDドライブを繋いだ状態で「システム環境設定」を開くと図のように「CDとDVD」が現れます。

この中で自分が望むような動作を設定できます。

Bru-Rayディスクが再生できることは当然ですが、ISOもマウントすれば再生できます。

あと、DVDビューワーよりザッピング(飛ばし飛ばし見る)がやたら早い。これだとハードディスクにダビングしなくていいやと思いました。

なお、大きい声では言えませんが、標準のDVDビューワーでは画面のスクショが取れませんが、Macgoでは取れます。映画の好きなシーンを背景にすることができて、うれしいです。

 

関連記事

  1. Microsoft Excelはお買い得?

  2. Mac BootCampのパーティションサイズを変える

  3. Google Home miniとMac Autometer

  4. M1 iMac設定後、キーボード入力ができない

  5. BootCamp切り替え

  6. まだ、MacBook Air買ってないの?なんでぇ?

  7. Mac zshのpathとhomebrew アンインストール

  8. AirMacとゲーム機

記事をプリント