サラリーマンのふり

「無謬性のロジック」という言葉

日本が財政破綻したら? 危機意識なき安倍首相の「無謬性のロジック」とは – 小林 慶一郎という記事があって、はじめて「無謬性のロジック」という言葉をしった。

しばしばドラマなどでエリートと称する人間が、さもすべてのことを考えたかのような顔をしているのが、バカに見えて仕方がなかったのだが、そのバカさ加減を説明する言葉が「無謬性のロジック」なんだ。

簡単に言えば「俺・私は失敗するはずないから、失敗した時、リカバリープランなんぞ考えるに値しない」だ。
人間がすべてコントロールできると思いこむ、傲慢の極みなんだが本人達はそうは思わないようだ。

おもしろいものである。

関連記事

  1. くやしいけど楽天銀行法人口座は便利

  2. 買ってはいけない、着物、マンション

  3. 著作権ビジネス最前線

  4. ここにもいる「残念な人事」

  5. 日本の製造業のダメなところ

  6. ミュージカル「手紙」を見てモヤモヤ

  7. 因果関係とノイズ

  8. 東芝の未来をマジメに予測してみる

記事をプリント