雑感(日記)

中部大学・武田教授の発言

「そんなこと言っていいのか」とか「抗議する」とか 批判している人がいるけど。

「俺には、わからない」

科学者が自分の名前において、「危険だ」とデータに基づいて言っているのに、「被災地への配慮」ってよくわからない。

そうやって事実認識をしなければ、放射能も消えるんならいいよ。要するに「なかったこと」にできるなら。

でも、今は東京電力も政府も信用できない、ってみんなわかってるんでしょ。

じゃ、こういう認識もある、ってデータ集めるほうが先なんじゃないの?

いつから、聞きたくないものは批判すればいい、なんていう危機が迫ったら砂漠に頭を突っ込むラクダみたいな行動を日本人は覚えたのだろうか。

恥を知れ。

関連記事

  1. はずれる予言をいう勇気

  2. だまされた日本人!

  3. 人間についての白日夢

  4. 婚活アドバイザーの言うことの感想

  5. This is the America

  6. 企業のソフトウェア保守契約

  7. 芥川賞と文藝春秋

  8. 叔母からの手紙