ローンの怖さを考えたことある?

雑感(日記)

ウチは35年ローンを組んで家を立てました。

それよりも前には何度かマンションを購入しました。

最初にマンションを買った理由は、バブルの最中に「これ以上、家が高くなったら買えなくなる」という家人の意見に押し切られたからでした。

当時勤めていたIBMでも似たような考えで買った人が多数いました。
外房の東京からどうしようもなく遠い家や、坊っちゃんお嬢ちゃん夫婦が両方の収入のローンを組んだ豪邸などいろいろでした。

バブルが弾けた後、株や不動産の大幅な値下がりによる損失は消えたわけじゃありません。企業は倒産することで終わりですが、その損失は取引先企業が補填するのです。
個人は自己破産するよりも黙って返す道を選んだ人のほうが圧倒的に多いのです。

バブルが弾けて、私も不動産の値下がりにより、サラリーマンとしては相当な金額の損害を受けました。

あれから30年、まだローンを払っている人はいるでしょう。老朽化するマンションから住み替えたくても、その資金がない人はたくさんいます。
景気の悪さで仕事がなくなり、せっかく手に入れたマイホームを売却して田舎に転居した人も知っています。

圧倒的多数で本当に起きている辛い話が語られないから、今の30歳台で家庭をもつと住宅ローンを組む人はいくらでもいるようです。近所でもどこかの社宅が更地にされては狭小住宅が達ち、すぐに売れています。

新聞、雑誌には不動産、住宅関連の記事や広告は少なくありません。
とくに住宅の広告はひどくて、夢ばかり語られています。現実の利点が記載されない異様な広告です。(近頃はポエムと呼ばれているようです)
でもサラリーマンの人々はあっさり丸め込まれていきます。

なぜでしょうか?

みなさんの根底にある最大の安心要素は「周りのみんながやっている」と「今の環境が未来永劫続く」と思っているからだと思います。

ちょっとだけ考えたらわかるのですが、みんながやっていることに正解はありません。
義務教育の間、みんながやっているようにやれ、と叩き込まれます。
教育の恐ろしい点は、自分が人生の価値観を変える時に意識的にやらないと、なにも変わらないことです。

人生でなにかにつまづいた時「どうして私がこんな目に合うの?なにも悪いことはしてないのに」といいませんか?
多くは解説しませんが、単純な勧善懲悪である子供のような人生観は子供のころに植え付けられたまま、大人になってもまったく更新されていないというなによりの証拠です。
世の中見ればわかりますよね。悪いことしまくって出世、金持ちになることは普通にあるって。
あなたの人生観はきちんと年相応にアップデートされていますか?
私の知る限り、結構、子供のままの人生観で生きている人がいます。

なんの人生への洞察がなければ、社会に出てもみんながやっているようにやっていれば間違いないように思えます。

大間違いです。

これを見てください。(「ブログ部」より引用)

この図であなたはどこに属するでしょうか?
同じ階層の人としか話しをしていないはずです。
上司というのは同じか、せいぜい一個上の階層でしょ。

あなたが世間だ、みんなだと思っているのは錯覚で、同じ階層の人々ということです。

とくにインターネットが普及してから、知識の分断化が進んでいることに気づいてください。
毎日スマホで自分の興味があることしか見ないでしょ。

インターネットがあるからあらゆる知識を入手できるって幻想です。
確かにじっくり取り組めば大学の講義も見ることができます。

しかし、お手軽にスマホで数分眺める程度の知識の断片を集めても、組み立てなけば知識ではありません。
雑学王は受験など試験の前では無価値です。

上の図で5から12ぐらいの階層にいる人は給料の意味がわかっているのかも疑問です。
もしあなたが「労働とはコンビニの店員のようなものである。いろいろ雑事をやり、対価を時給で受け取る」と思っているのであれば危険です。

そういう労働観だと、お金についてはド素人としかいいようがありません。
小学生の小遣い制からまったくアップデートされていません。
稼ぐことはお駄賃とは違います。

勤め先の大きな流れを考えずに35年ローンを組むことは極めて危険です。
考えを改めて4以上に移動するべく人生を設計してください。

なぜならば今時、勤務先をふくめあらゆる会社の30年先がわかる人は誰もいません。
あなたが偉い人だと思っている勤務先の役員だって「中期3カ年計画」くらいしか作れないじゃないですか。

日本はたしかに一時は景気がよかったのですが、世界に売る電気製品があったからです。
今、日本の産業で世界に売っているものがあるでしょうか?
(もし、今あなたが「◯ヨタ」などを思い浮かべたのであれば、自分の無知を恥じてください。あの会社は下請けや関係企業を買い叩いて無理難題を押し付けて、自分たちだけが収益をあげる企業です。私は身をもって体験しています。三河安城は日本の領土ですが、日本じゃありません。)

私は「日本スゴイ!」ともてはやす番組を見るたびに思います。
この「スゴイ」で年商いくらだよ?と。
どーでもいい金額で凝ったことやっていてもビジネスとしてはちっともすごくありません。
それは「ニッチビジネス」というのです。
はっきりいって中国にはすでに知性の程度を示す論文の数で抜かれ、タイやシンガポールの富裕層に日本人で勝てるのは孫正義くらいではないでしょうか。

世界に引く手あまたで売れるものが作り出せないかぎり、日本の景気が再び蘇ることはありえません。
世界には127カ国あり、日本は別に特権をもっているわけじゃありません。
アメリカのように基軸通貨もなければ、イラク戦争のように気軽に他国を蹂躙できる軍隊もありません。そのデタラメさをカバーできる外交力もありません。日本語は海外では通じません。もっと大事なことは世界の最先端の科学力もありません。

国内では田中角栄に代表されるように政治家やビジネスマンの欠陥を見つけては「それは悪い人だ」と引きずるしおろしまくった結果、悪いことはしないけど、いいこともしないどーでもいい人々ばかり残り、新しいものはなにも作り出せない国になりました。
素晴らしい業績を残す人に高潔な人格者なんていたのでしょうか?きれいごとだけを書いた小学生が読むような伝記を鵜呑みにして大人になっても信じている能天気さは、その人を理解したといえるのでしょうか。

私の専門のITでは日本に世界的ソフトウェアの会社はありません。コンピューターサイエンスの分野で日本の貢献はゼロです。それは私の指摘事項を証明しているひとつです。

いつか景気はよくなるだろう、給料はあがるだろう、という幻想は「借金を返せなくなるかもしれない」という大きなリスクの前では相当におめでたいノーテンキな発想としかいいようがありません。

そうでなくてもみなさんがあこがれる一部上場企業って続々と倒産していますからね。
東京証券取引所で上場廃止となった企業一覧という便利な記事がウィキペディアにあるので御覧ください。私は時々ここを見て笑ってます。

それでもあなたの勤務先の企業の業績は永遠に今のままが続くと思うのでしょうか?

もっと恐ろしいことは、本当にあなたは35年間、無病息災ですか?
親戚にガンでなくなった方はおられませんか?職場でうつ病になった方はおられませんか?通勤路や職場で危険な場所はありませんか?不摂生はしていませんか?ストレスありませんか?

いつまでも自分の職場が同じ条件で存在すると思うのは
「ぼーっと生きてんじゃねーよ」とチコちゃんに怒られると思います。

おそらく同じ階層に属する奥さんも「周囲がやっているから」と狭小住宅を欲しがるでしょう。
一家の収入源があなたの給料だけ、奥さんのパート代は奥さんの小遣い、程度であれば、ローンという借金で家庭が崩壊するリスクを考えておきましょう。無策だと多くの場合、ヤバイことになります。

広告スポンサーの都合で語られないところに真実があることに気づきましょう。

 

それでもお金に無知な人の言い分をなんとかすることは難しいものです。

私の家人は鎌倉住宅の物件の記事を俺に見せて「シニアローンってのもあるらしいよ」ですって。
こういう人に限って六本木の不動産価格を見て「土地が値下がりするなんて嘘だ」といっています。
都心とそれ以外、商業地と住宅地の区別もつかないようです。

なにより50歳過ぎても、人の懐をアテにし続ける人生って恥ずかしくないんでしょうかね?

 

コメント

  1. 黒崎澪 より:

    東京郊外の実家の近所では空き家が続々出て来ています。
    この記事による企業の盛衰と違って人口構成は簡単には変わらないので、空地は増え続けるのは間違いありません。

    一方で実家近くの畑が後継者不足や相続によって売り払われ、そういった大量の土地に一戸建てが大量に建てられてます。結構なお値段がするのですが、飛ぶように売れてすぐに埋まります。

    空き家が大量に出現していて今後土地が余るのはすぐに判ると思うのですが、すぐ近所で我先に土地家屋を買い漁る人々が居るという意味が分らない事が起こっています。
    しかも置いてある車は半分位は高級車なので、考える頭はある層だと思うのですけどね。

    • ttakao より:

      ですから、みなさん、自分の周囲だけ見てたいへんな借金を背負うのです。
      それが実はたいした価値をもたなくなることは確実なのに。
      経済合理性ではなく、やはり私のように家人の意見に逆らえないのかもしれませんね。