AirMacシリーズ販売終了の後継

Mac OSX

なぜかAppleが無線LAN装置(AirMac)の販売を止めてしまったので、置き換えることにしました。

ブログというものは自分にとっても便利なもので、Time Capsuleを買った記事をみて、2014年の3月だったんだ、と知りました。

無線LANルーター

あいかわらず自宅の無線LANの環境は劣悪です。ばらっと見てもアクセスポイントは20個近いです。
無線LANルーターの評価記事をいろいろ読むとあいかわらずバッファローは推されてますね。宣伝費かけてるんだと思います。だってカタログスペックはいいし、ちょっと触った試用ではいいようですけど、長い間使っていると安定性に欠ける点は直ってないようです。昔から変わりません。
7年以上前ですが、毎日、無線LANルーターをリブートしていて本当にムカつきました。

となると、NECのAterm一択です。

Aterm WG2600HP3。家庭用のシリーズでハイスペックなモデルを選んでみました。13000円ですから安いものです。
NTT-comのOCNを引いているので、DHCPはNTTのルーターがやるのでブリッジモードらしいんだけど、スイッチをRTのままで繋いでます。ソフトウェア的にブリッジなんでしょう。
アクセスポイント名とパスワードは以前のモデルのままに変更。
こうしないと、あらゆるネットワーク機器が繋がらず、家族から非難が飛んでくることは明らか。

Time Capsule以前に使っていたNECルーターはいまだに捨てずにバックアップとしておいてあります。
個人的に通信機器についてはNECを信じてますねぇ。

まぁこれはこれで一段落。

Time Machine用バックアップディスク

でTime Machineのバックアップですが、これを選びました。

IOデータのHDL-AA3/E。
これは拡張パッケージをインストールすると、Time Machineのドライブになります。
だとすると、3TBで2万円は安いかな、と思いました。

具体的にはパッケージのApple Shareをインストールします。
それで設定でTIme Machineを選ぶと、MacのTime Machineのバックアップディスクとして見えます。

バックアップなのでRAID構成なんて必要ないと思います。

ちなみにインターネットごしにこのNASにアクセスするためには、Remote Link3というパッケージを導入しなければなりません。

説明は丁寧なんですが、「これしたい」という全体像を掴みにくいですね。

NASもバッファローを買う気は起こりません。
私のすごい偏見ですが、名古屋で作ってるものってトヨタを含めて信用できない。

IOデータは石川県ですよね。寒い時は赤い頬をしたエンジニアががんばっているイメージがあります。
IOデータの製品って厳しい目で見られないんですよー。

 

無線LANルーターが新しいせいか、心なしか早くなった感じです。

バックアップは最初のイメージを作るには時間がほぼ一日かかります。
家内のMacのバックアップを並行して流しました。それでも2日近く、まったく通信が切れることなく稼働しました。
やっぱりルーターはNECを支持します。

従来のTime CapsuleとNASを子機としてつなぐ

まだ動作しているNetGearのRAID XのReadyNASは捨てるわけもなく、Time Machineを無線LANアダプターとして設定しようとしています。
とりあえず、AirMacユーティリティでディスクの消去はしました。
すぐ外さないと新しいルーターとバッティングしていましたので、なにもしていません。

工場出荷時のデフォルトリセット(リセットボタンを押し続けながら、ベースステーションを電源に接続。ステータスランプが点灯するまでリセットボタンを5秒ほど押し続けてから、放す)します。

しかし、このTime Capsureは子機にならない仕様らしいです。残念。
しようがないのでヤフオク行き。でも結構な値段(約8000円)つきました。5年落ちで25%の残存価格なら嬉しい限り。

NASを無線LANに参加させる

で、できるだけ安く高機能な「有線LANインターフェースを無線LANに参加させるアダプター」を探しました。
最近は「中継機」というジャンルのようです。

選んだ理由は安い、小型、アンテナがツノツノしていて頼もしそう、です。あとレビューで使えている人がいる点は見逃せませんね。

私の家の場合、192.168.10.xのネットワークなので、この機器を繋いでもセットアップにアクセスできません。
WPSのボタンがついているのでWiFiルーターのそばで、この機器のWPSボタンを6秒以上おし、WPSがすばやく点滅し始めたところで、NEC WiFiルーターのWPSボタンを押します。二度目でうまく繋がりました。
WPSはTime Capsuleにはなかったので便利。

つながったところで(http://wifi.wavlink.com)とパソコンから入れると、この機器に繋がります。
設定をし、ゲートウェイに(推奨!)と出ていますが、これが後で問題をおこしました。
とりあえず、パスワードやら設定を確認します。
ここまでこの機器に有線LANで接続はしていません。

次にこの機器のLANポートとパソコンを繋いでみます(もちろんWi-Fiはオフ)。
パソコンのターミナル画面で”ipconfig”と入力すると、なんと、192.168.11.xになっています。
おそらくゲートウェイモードが勝手にアドレスを振っているのでしょう。
設定画面に戻って「ブリッジモード」にします。

再度、有線で繋いでみると今回は192.168.10.xでつながっています。
できたので古いNASを繋いで屋根裏に収納しました。

Amazonのレビューを読んでいると、あいかわらず買ったはいいけど、技術的な基礎力をもたずに文句を書いている人が多いようです。
画面、キーボードをもたない機器は手順をなぞっても、装置がどういう状態にあるのか理解できなければ設定は難しいと思います。
環境は場所によって千差万別で、それを全部サポートすることなんて不可能ですから。
ルーターの設定より、こういう周辺機器の設定のほうが難しいですね。

ちなみにルーター変えてから、家人が「パソコンが繋がらない」と申告してきましたが、リブートで解決。
環境が同じでも違ったタイミングでもエモーショナルに関連性を推測せずに、淡々とトラブルシューティングの手順を踏むってサーバールームでも家庭でも同じですね。

コメント