ワードプレスの All-In-One WP Migrationが使い物にならない件

WordPress

*警告:ネット上のほとんどのWordpressの引っ越しについての記事は嘘です。

WordPress Codexに書いてある処理(もっとも難しい)が載っていません。以下、引用。

存在する画像/メディアのリンクは古いフォルダへの参照になっていて、新しい場所に更新しなければなりません。あなたはこれを Velvet Blues Update URLs プラグインで行うことができます。または 検索と置換 ツールで行えます。またはあなたのSQLデータベースで手動で行えます。

ご注意ください!

いやぁ、All-In-One WP Migrationプラグインでひどい目にあった。
Wordpressのサイトを引っ越そうと考えた。
すると、みーんなAll-In-One WP Migrationプラグインを絶賛。

しかし、とんでもない目にあいました。

いつもながら、みなさん、ちょこっとやって記事を気軽に書くため、実践では使い物にならないという、いつもの事件です。

みなさん、引っ越すWordPressのデータベースサイズが512MBを超えていたらどうするのでしょうか?
All-In-One WP MigrationはUnlimitedオプションのプラグインを購入するようになっています。

私はみんなが素晴らしいというので敬意をこめて約7000円払ってUnlimitedを買いました。

さてエクスポート。うまくいきます。

問題はインポートです。

私の場合、81%でストップします。
何度やっても一緒。

WordPressのデバッグオプションをつけて調べると、ロリポップ(レンタルサーバー屋さん)が設定しているCGIのCPUタイムを超えて落ちています。

All-In-One WP Migrationのプラグインの販売会社に問い合わせると、だらだらとPHPのMax_Execution_Time調べろとかいいます。素直に言われたとおりしますが、最終的にこちらが言っているように「CPUタイムが足りないからホスティングのサポートに相談しろ」としか言いません。

本来ならば、エクスポートファイルを分割するなどの機能がなければホスティングサーバーのCPUもメモリーも無制限に使ってしまうことになり、必ず制限が生じます。

結果、このプラグインで引っ越しできませんでした。

WordPressの標準機能でインポート、エクスポートしてデータベース内のURLをユーティリティで書き直す、メディアファイルは別途アップロード、ダウンロードするしかないようです。

All-In-One WP Migrationプラグインですべて解決なんてしません!

ついでに悪口をいうと、プラグインもすべてもっていくので整理しようと思っている人には向かないです。

 

コメント