XMLhttpRequest -> fetch

プログラミング

ひっさしぶりにAjaxのコードを書こうとあれこれみていて、また知らなかったことが出てきた。

fetch

新しいHttpリクエストをあげるJavascriptの命令。

イマドキらしくpromiseを継承しているから、コールバック関数じゃなくthenで待つ。

先日書いたように、非同期通信をjavascriptでやるにはpromiseの理解が必須となってます。

で、ここからが本論。

ネットでxmlhttprequestを話題にしている人の90%くらいはjqueryのAjaxを使って理解できたことにしている。

xmlhttprequestで書いて理解しているわけじゃない。

だからJQueryのAjaxの中身が実はfetchに代わっていても意味はわからないまま使い続けるだろう。

それが私みたいにwebアプリをいつも書いているわけじゃない人間ならいいけど、仕事で毎日のようにwebアプリを書いている人間だったらみっともないことになるよね、と思う。

さて使い方サンプル。hiddenパラメーターにメアドをセットしてある。ボタン押したらfetchでサーバーに飛ばして結果をテキストで受け取って、innnerHTMLで表示するだけ。エコーバックみたいなもの。

サーバーのPHP側ももらったデータをprint文で返すだけ。

今回のサンプルはブラウザーからリクエストがあがったらサーバー側でお仕事してもらって結果のみを返すものだから、ワタシ的にはこれでプロトタイピング終了。

fetchってすごい便利じゃないですか?

コメント