というタイトルで書いてみる。

しばしば夕方、某有名塾の前を通りかかると多くの若い親が小学生の子供が出て来るのを待っている。ほんとうに無意味だと思う。

少なくとも、私も大学を出、うちには東大出た子供もいる。
それゆえこういうテーマでなにかを書いても許されるだろう。

父親はなにをすればいいのか?迷っている若いお父さんにいくつか参考になるであろうことを書いておく。

小学校のお受験はさせてはならない

うちの子どもたちは幼稚園、小学校は近所に通った。

これは私の意図があった。
およそ受験の基本は問題文を読んで理解することから始まる。
「AI vs. 教科書が読めない子供」という本にあるとおり、実は最近の子供の読解力はすごく落ちている。

なぜ読解力が落ちているか?
かんたんである、勉強のしすぎ。

考えてみてほしい。「太郎くんは次郎くんが三郎くんに自分の悪口をいっていることを知り、悲しくなりました」という文があって、誰が悲しくなったのか、悲しくなった理由はなんなのか、って原体験がないかぎり、ぱっとわからない。

世の中の受験をしたことがない愚かな母親はなんでも塾で教えてくれると思っているらしい。

塾には机と黒板しかないのに。

人間の感情の発露や人間の間で起きがちなトラブルなんか教えてくれるわけない。
そんなもの教えていたら、外形的には虐待だろう。だから友達と一見無駄な時間を過ごすことにこそ意味がある。

旅行に出て朝日が上がる寸前は周囲は青く見えるとか、滝が落ちるところは水流で、硬い岩でも何万年の時間をかけると滝壺ができてしまうなんてことを見て、触って知っているのか、本や動画だけで学んでいるのかではまったく違う。

親とピクニックに行って広い公園で遊びました、とかの体験は必須だ。

受験の問題は人なら当然体験しているであろうことが暗黙の前提なのだ。
それを常識ということもある。
基本的な体験、常識を知らないで子供のころから塾通いさせて遊ばせないとロクなことにならない。

原体験(現実の体験)を持たない子供は絶対に成績は伸びない。

それを提供できるのは父親なんだよ。

たとえば我が家はご存知のようにパソコンや電子機器にあふれている。IOT, ホームオートメーション、すべて試行されている。そんな家で「情報」学科なんてバカみたいな授業という判断にならざるをえない。学校の数年先の環境なんだから。
人によって違うけど、父親ってなにかそういうものを提供できるだろう。

お勉強ができるのであれば、東大への道は小学校の高学年からのスタートで十分であった。

子供を追い詰めない

子供が小さいうちにはなかなか理解できないが、子供は将来、必ず大人になる。そしてあなたは年寄りになる。

この簡単な事実がわかっていない親が多すぎる。

ここ数十年の変化を見てみよう。

多くの誰もが「一流企業、入れば一生安泰!」と思っていた企業が潰れた。ダイエー、サンヨー、キリがないのでここでも見てください。
いまだに大学卒業するくらいになっても金融機関がいいとか考えている愚かな子供が多い。いったい親はなにを教えてきたのか。

いい大学出て、いい企業に入れば大丈夫というビジネスなんぞまるでわかっていない母親が多すぎる。

公務員が安泰?官僚養成所のはずだった東大法学部の優秀な学生はみんな安月給を避けて外資系や海外に出ていっていることもしらないのだろう。

どこかで小耳に挟んだ古い情報をいつまで信奉しているのだろうか。子どもの一生がかかってるんだから、もっと真剣に取材してみてはどうなのか。
もし、やる気が起きないのであれば、子どものためといいながら自分のプライドのために塾に追いやっていないか?

この変化の激しい時代に安泰な企業なんぞあるわけがないのに。
下手をすると世の中が見えていない父親までそんな愚かなことを信じている。

女性の多くは目先の出来事が人生すべてだと考えてしまいがちで、テストの成績が一回悪いとその子供が一生うだつのあがらない人間だと絶望し、怒り、嘆く。

それを「子供のため」と思い混んでいるから始末が悪い。
本当は自分のプライドのためだ。

これが度をすぎると、子供は家を早くに出ていく。
いくら母親が血を分けて産んだ子供だと思っていても、子供はそんなこと思っていない。気づいたら、この世にいたのである。
ガミガミ吠える目先しか見ていない浅ましい女に嫌気がさして出ていくことは、人なら当然だ。

そして世界は広く、いろんな生き方ができる。

人として重要なことは、なにができないかを数え上げることでなく、なにができているかを数え上げることだ。

低レベルの大学に行くくらいならば、職人の親方になったほうが生涯賃金は多い。あなたが知らないだけだ。しかも職人はAIなんか関係ない。

AIはスーツを着ていても低レベルの仕事しかしていない人間を職場から追い出すツールだ。

少なくとも今の時点でわかりきっている事実がある。
今の子供が大人になったときは、少子化で日本の多くの地では地方公共団体は破綻する。
税金を払う人間がいなくなるから。
夕張市などは借金を返す前に、住んでいる人がいなくなり必ず破綻する。

目に見えないことが現実化する前に動けるかどうかで、人生は変わる。
論理的に明らかになり、いつ起きるかがわかってからでも動くことは遅くはない。

日本には移民を入れることは不可能(日本人が日本語以外を学ぼうとしない。世界標準にあわせない。無駄な品質を要求する。呼び寄せられるお金をもっていない)なため、子供達の職業選択の自由度は高い。

あなたの今の価値観は「少子化=国民の減少する国」でこれから劇的に変わっていくことだろう。

それゆえ子供へ教える価値観については、もっと謙虚になるべきではないだろうか。

どんなことをしても若いというだけで仕事がある国になるのだから。
いかなる企業も長期的には若者なしでは消え去るしかないのだから。

子供時代の20年足らずで子供との人間関係を壊してしまっていいのか?

受験に失敗したって子供の生き方を救うのが父親のしごとではないのだろうか?

少なくとも私は、「受験に失敗しても一向に構わない。君の生きていく方法は一緒に考える」と決して成績で見放すようなことをしたことはない。
もともと私がそんなにえらそーにいえるような成績を取ってはいないのだから。

努力は誰でもできるなんて嘘

東大生の大学受験の奮闘を見て思ったことがある。

「努力できることも才能」

努力は誰でもできるなんて嘘だね。そういうことを言う人間はたいしたレベルの努力をしたことがないか、スポーツのような単純化されたルールのみで争う競技で肉体的苦痛に強かった人だ。
誰でもとおるような資格試験とおったからって、それは努力じゃない。
東大受験生の努力はレベルが違う。

電車の中で使いもしない英語能力を伸ばそうと、もっとも費用のかからない安いTOEIC本すら読破できない人間、ITに詳しくなりたいと専門書を読み始めて二進論理で挫折するような人間が「努力は誰でもできる」なんてほざく資格はない。

現実を無視した夢を子供に押し付けるべきではないだろう。
ウチの子供は小学生のころ「少し知恵遅れじゃないか」と近所の口の悪いボスママに言われていた。そういう彼も遺伝子を操る大学院生だ。

周囲にいる無責任な品のない人の言うことなんて本当にどーでもいい。

子供を一人の人間として考える

私の子供達はすでに大人になった。人間として扱ってきたからこそ、今も良好な関係を築けていると思う。

子供が家内のお腹に宿った時、私は「我が家を選んでくれてありがとう」という感謝しかなかった。
「子供を作る」とかいう言い方は傲慢だ。子供の魂は親の環境を選んでいる。
一人の人間である以上、神と子供の魂から預かっているものだ。
殺したり傷害を与えるとあなたが逮捕される理由は、子供は立派な国民でもあるからだ。

私は子どもを決して自分のものだと考えたことはない。

なぜ、目先の不完全さだけに注目し、自分の所有物のように考える愚かな人間が多いのだろうか。
人類は太古から不完全な赤ん坊を守り、育て、次世代にバトンを渡してきた。
私たちはその長い鎖の一部に過ぎない。
子どもを養っているからエライと思っているのであれば、先祖からの贈り物を自分ひとりの功績にしようとしていることだ。
そして世の中が進歩しているということは、子供たちは私たちより賢い。

「中学受験に失敗したから、高校受験させない」とか「◯◯大学に入学するのが義務」とかトンデモなくフェアでない取引を子供に押し付けている愚かな親をしばしば見かける。
学校での試験の成績が悪いと父親の前で土下座しなきゃいけない母親と息子という家庭はリアルにあった。(そういうところに限って父親の職業は使えない公務員ww)
そういうことをのうのうと言うお前の息子・娘は競走馬なのか?

子供の前で自分にそんなに自信があるのなら、なぜそんなに稼ぎが少ないのか?なぜいまだにサラリーマンなのか?なぜ税金で生きる公務員なんぞやっているのか?なにがあなたの人生のあり方なのか?
子供にえらそーに説教する前に自分の生き方をよく見つめたほうがいい。人に誇れる人生を歩んでいる人間なんてそう多くはない。

自分が出来なかったことを子供に代行させようということは、本当に浅ましい行為だ。
子供にもっと敬意をもつべきだと私は思う。

そうすれば子供もあなたに敬意をもって接するだろう。
そう世間と同じなのだ。