(日本の)ITベンダーに学ぶものはない

By ttakao, 2017年5月12日

あなたの会社がなにかで事業をしていて、IT化したいとする。

そういう時に「ITのことだから、どこかに相談しよう」と考えているのであれば、

間違いだ。

わかりやすくするために、あなたの会社にもきっと競合がいると思う。

そこに「ウチの会社をどう改善すればいいですか?」と聞きに行くバカがいるだろうか?

ところが、ことITについてはいるのが不思議で仕方がない。
しばしばIT部門の偉いさんが鼻をほじりながら「当社に最適の提案をしてほしい」とか恥ずかしいことを言ってるが、
それはあなたが必死で考えるべき仕事であって、外部に求めるものじゃない。
ロクな結末にならない。

ちょっと前までならば、それはあり得た。

「オープン系」という時代があり、どのハードとどのソフトを組み合わせたら動くのか、はっきりしない時代があった。

しかし、群雄割拠は淘汰され、今、メジャーなIT技術を提供している企業は以下くらいではないだろうか。

  • マイクロソフト
  • オラクル
  • REDHAT
  • CISCO
  • SAP
  • Lenovo
  • DELL
  • (EMC) VMWwareもってるから

もちろん、日本独自で技術を提供しているメーカー系

  • 富士通
  • NEC
  • 日立製作所

も忘れてはいけない。

IT企業という言い方をすれば、

  • 楽天
  • サイバーエージェント
  • デジタルガレージ
  • LINE
  • DeNA
  • メルカリ
  • 食べログ

などを挙げる人もいるだろうが、これらの企業はIT技術を利用して商売をしているだけで、他人に技術を提供しているわけじゃない。

IT業界から見れば大事なお客様である。

とはいえ、他のIT企業、例えばNTTデータとかはなにをしているかというと、大きなプロジェクトの管理。

技術はもっていない。

製品を作る技術と、それをお客用にカスタマイズする技術は難易度がまったく違う。

NTTデータすらそうなのだから、もっと小さい通称「独立系」と言われるところは将来に向かっての技術なんてもってない。

以前、NTTコミュニケーションズに勤めていた時に講演をしばしば頼まれた。
そのため他の人が過去、どういう講演をしたのかを調べたことがある。

驚いたのは、日本企業の人が話していることは調査会社ガートナーやITMedia、外資系のマイクロソフトなどの偉いさんがいっていることを引き写しただけであった。

事業部長、部長などといっても一皮むけば単なるサラリーマンであって見識なんぞあるわけがない。
近未来の予想ですら外れて恥をかくことが嫌なのだろう、内容に付加価値は皆無であった。

ひどい言い方かもしれないが、カンファレンス、シンポジウムなどで聞く価値があるものは外資系、調査会社の話しであり、日本企業の話しは聞く価値はなく、よい昼寝の空間だということかも知れない。

日本のITベンダーはクラウドという言葉を聞けば、自社内にデータセンターを作って他から買ってきた製品を並べ、お客に「これがクラウドです」と嘘をついて囲い込みの道具化して売りつけるだけ。

最近の技術トレンドなんて素人が聞いて理解しているとおりなのだ。

一方で、その素人は

エクセルを操り、量が多ければアクセスやMYSQLをいじり、
ちょっとしたことはPHPやJavascriptで書き、IPhone, IPad, Androidを使いこなす。
その人はウェブデザイナーと呼ばれていたりする。

ECサイトが欲しければレンタルサーバー借りてなんとかする。

不勉強でベンダーの営業が「打ち合わせ」という個別勉強会を開くユーザー企業のIT部門より、ビジネスをしている部門のほうがよっぽど世の中を知っている。

こういう現在の環境で、どこに相談するというのだろうか?

「ITにかかわっている人がITの技術を理解している」という時代は終焉を迎えている。
事業に使う道具を他人任せにする時代はとうに終わった。

自社内でニュースや市販本で研究し、細かい点を知りたいのであれば、メーカーを呼んで聞くべきです。

マイクロソフトだってオラクルだって呼べば営業は来ます。

最後に作る手伝いに外部企業を使う時代です。
手伝いの内容も、数年後にはクラウドサービスのカスタマイズしか残らないでしょう。

「ITのことはわからない」時代は終わり、素人のほうが「IT知ってる」時代です。

What do you think?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です