私について

このページを見ていただいて、恐縮です。

高尾 司といいます。千葉県船橋市に住んでいます。(秋葉原まで電車で30分)

得意なこと

  • 人がやらないスモールビジネスの立ち上げ(ブルーオーシャン)
  • 表芸(リーマン)と裏芸(経営者)のバランスを取ること
  • 大企業との営業的おつきあい
  • ITサービス事業と通信事業
  • 英語でビジネスすること

表芸の職務経歴

2008年9月- 現在 SAP Global グローバルサポート部門(日本ではありません)において、パートナーのサポート方針を決めたり、日本の大手パートナーの保守サービスのカウンターパートをやっています。(誰も信じない。ホラだと思ってるが本当)
上司はスイスに在住。シニアマネージャはウォルドルフにいるドイツ人。同僚はカナダ、アメリカ、ブラジル、ドイツ、中国、シンガポール、フィリピン。ゆえに英語は毎日仕事の道具です。決してうまくありませんが、ネイティブ英語が偉い信仰はとうの昔にありません。
同じ仕事をしている同僚は日本にいません。
2007/5-2008/9 株式会社ラック オーナーがお亡くなりになって尖った色があせた感じがしています。現社長はプログラマーからの叩き上げですから期待しています。
2000/11-2007/4 NTTコミュニケーションズ株式会社 回線部門には尊敬できるタレントぞろいでした。
コンピューターを使う事業の立ち上げのため入社しました。
が、同じことをやっていたNTTプロパーと随分戦いました。私達が作った構成図を某社に投げて「同じものを作って欲しい。予算はいくらでもいい」と行った部長はもう定年です。(笑)彼らって私達を「外の人」と称し戦おうとしていました。シスコやインテル使っていますけどね。
おい、足立、原、定年退職したがオマエのことだよ。オマエ達が自分のプライドを守るために、NTTコムに損害与えたんだよ。
部門の大半が3年ローテーションのため、真面目に仕事を覚えようとしない。浮ついているのに、変なプライドをもっている。回線以外はすべて買ってきたもので商売してお客が買うと思っているところが甘いと思いました。
1999/4-2000/10 いまだに細々続いているプライベートカンパニー IT技術、トレンド、自らの立場をよく理解していないで儲からない商売を続けているので大変だと思います。
クラウドの時代なのに「お客の代わりにIT部門」ってなんだよ?
低賃金でいいらしいです。嗚呼。
1997/9-1999/3 ピープルソフトジャパン株式会社 楽しい会社でしたが、残党が「外資系ゴロ」に成り下がっていて悲しい限り
1983/4-1997/8 日本IBM株式会社 銀行の勘定系のテストで大量にプログラムを書いた珍しいSEでした。30年も経って後輩がいまだに私が書いたプログラムを使っていると聞いて残念に思いました。
コアビジネスがなく、コンサルティングファームみたいなことを言っているので残念です。

裏芸の職務経歴

  • 本を書く
  • 電子機器の企画、制作、商品化
  • (非合理的な)代替医療関係の先生たちからの(合理的な)電子機器制作の請け負い
  • 電子機器を動かすハードを設計し、プログラムを設計して開発する
  • 代替療法の専門家。マクロビをいろんな専門家に会った結果バカにしている(ごめんね)