ロボット

ロボット

Dronekitの調査

PythonからドローンをコントロールするツールのほとんどはPyMAVLinkというパッケージを利用している。 しかし、PyMAVLinkは使い方が難しいから、Dronekitという上位(=より簡単)のパッケージがある。 もともとは...
ロボット

Flysky社のプロポ

中国から自作ドローンのキットを輸入したり、Youtubeでドローンの組み立てを見ていると、ほんとうによくお目にかかるのがFlyskyのプロポ。 何しろ安い。送受信機の組み合わせで1万円以下で売られています。 日本のFUTAB...
ロボット

Ardupilot mavgenが生成するモジュールとmavutil

Ardupilotのプログラミング環境において、多くはPythonで間に合う。 PyMAVLinkという低レベルな操作、Dronekitとという高水準なものまであり、MAVProxyなどもPythonで書かれている。 ただし、Firmw...
Mac OSX

M1 Mac上にArdupilotの環境を作る

ドローンのシステム開発をM1 Mac上でやろうとすると様々な制限から取らざるを得ない、典型的な構成のはずなんですが、英語圏をふくめこの構成が書かれたものが見つかりません。 とくに仮想計算機のUbuntuとQGroundControlをMA...
ロボット

ドローンにビデオカメラと限界と今後

ドローンのカメラは専用よりも、「WiFiカメラ」が安くてオススメ。
ロボット

MAVProxy (Raspiコンパニオンコンピューターの設定)

前回はハードウェアの構成をしました。 最終的には繋がっています。結論は最後にあります。ただ、マニュアルは有効な情報がたくさんあるのでチラ見して頭の片隅に入れておいてください。 MAVProxyドキュメントより MAVP...
ロボット

Ardupilot Boatの研究

必要パーツ 電源はすでに指摘したようにリチウムフェライト。 通常、マルチコプタードローンではリチウムポリマーが使われますが、かなり爆発のトラブルを起こしています。 ボートの場合、重量は比較的ルーズでよく大量に搭載できるのが利点です。 ...
ロボット

自作ドローンの組み立て(4シリーズ最後)

講習会でいろいろ教えてもらいました。 自分にとっては大事だったこと。 識者に指摘してもらったこと GPSとコンパスを兼ねたデバイスの場合、そちらを使い内蔵のコンパスはオフにしたほうが精度は高い。 GPSとコンパスはフライ...
ロボット

Ardupilot (用語の整理)

MAVLink ドローンと地上ステーションの間でデータの送信と受信の決まりを決めた規格 V1とV2があります。 MAVProxy コマンドラインでドローンをコントロールする機能です。 Mission PlannerのCUI...
ロボット

MAVProxy (Raspiコンパニオンコンピューター接続・インストール)

MAVLinkを介してRaspberry Piとのコミュニケーション このページでは、Raspberry Pi (RPi) を接続して構成し、シリアル接続を介して MAVLink プロトコルを使用してフライト コントローラーと通信できるよ...
ロボット

Ardupilot (コンパニオンコンピュータのソフトウェアあれこれ)

(備忘録 出典  と各ページ) コンパニオン コンピューターは、MAVLink プロトコルを使用して、フライト コントローラーにあるArduPilotとの通信に使用できます。 これにより、コンパニオン コンピューターは、オートパイロ...
ロボット

自作ドローンにテレメトリー

ドローンを作って飛ばしたいので、国土交通省のドローン登録に登録申請だしました。 このシステムはすごくよくできていて、かなりカネ使ったな、という感じです。 もちろんドローンの登録は無料じゃないし、3年ごとに更新料を取られます。 しか...
ロボット

自作ドローンの組み立て(3)

金物の構成は前回で終了し、ここからはMission Plannerでキャリブレーションというやっかいな作業にかかります。 全体を一番わかりやすく説明しているYoutubeはたぶんこれだと思います。 半分くらいのところからです。 ...
ロボット

自作ドローンの組み立て(2)

自作ドローンの組み立て(1)の続きです。 ほとんど書いている人がいないのが不思議で仕方ないのだが、ドローンの構成部品と接続方法について調査している。 システム全体の動きを理解するというのは、エンジニアとしては当たり前だけれどドロ...
ロボット

Raspberry PIにLTE USBトングル UX302NCを接続する

PI4LTEボードが高い割に場所を取るので再度、UX302NCを接続してみることにしました。(マニュアルはここ) もっともお世話になったサイトがガジェライブ!さんのRaspberry PiでSIMフリーのUSBモデムUX302NCを使...
ロボット

自作ドローンの試作(1)

自作ドローンは自作PCと同じ に書いたようにドローンの部品のインターフェースは統一されつつあるのは嘘じゃない。 そこで、いきなり自作ドローンを作れる自信はないのでテキトーにキットはないのか探し始めた。 電子工作だとお手軽キットはいっ...
ロボット

自作ドローンは自作PCと同じ

自作ドローンのパーツって自分ではんだ付けするんではなく、フライトコントローラーにパーツをコネクターで繋ぐようにできています。 つまり、「ドローン用」パーツを買うということです。
ロボット

OSSの自動操縦システムとビジネス

ArduPilotというオープンソースがあり、すでに10年くらい開発され続けているらしい。 開発者が日本に住んでいる(日本人ではない)というのも関心をひいているようだ。 およそ自動操縦に必要なものはほとんど揃っているので、ユーザーは...
ロボット

Google Map APIでとりあえずマーカーを立てる

詳細はページのJavascript APIキーはこのサイト経由でしか動かない制限をつけました。 画面のリサイズに対応(イベントリスナーをセット) クリックされたら「マーカーを立ててタイトルに緯度軽度をセットする」イベントは...
ロボット

Raspberry PIに軽量webサーバーを入れる

ラズパイにwebからアクセスして、GPIOの状況を見たり設定したいとする。 多くの人がwebiopiに走るようだ。 しかし、このパッケージは使わないことにした。 理由はwebiopiは便利にできていて、webサーバーを兼ねてくれて...