Raspberry PI 3 + Wi-Fi + USBカメラ

デジタルグッズ

*こんなことを3年前にやっていたなんて、完全に覚えてないです。
Blogは忘備録として大事だな、と改めて思い知りました。

この組み合わせを動かすことにした。

セットアップ

Raspberry Pi 3はだんだん進化して、スペックがあがっている。

今はB+が最上位で注目すべきスペック。

  • 1.4GHz 64-bit quad-core ARM Cortex-A53 CPU (1GHz超えの強力プロセッサ)
  • Dual-band 802.11ac wireless LAN and Bluetooth 4.2 (Wi-Fi)

起動するとめちゃ早い。

これでラップトップ作る人がいるのはわかるわ。

GUIで立ち上がる(昔はstartxとかしてたよな)し、wi-fiなんか普通のLinuxと同じでAP名とパスワード入れたらサクっとつながる。

いつものおまじないの

sudo apt-get update

sudo apt-get upgrade

もすぐにおわります。

Webカメラ

とりあえず安くて取り付けがラクそうな、バッファローのBSW200MBKを買った。
Logicoolとかメジャーなウェブカメラならサポートされているようだ。

しばしばRaspberry Pi用のカメラが推奨されているけれども、今回は本体から長めのケーブルのついたカメラでないといけないので、USBカメラにします。

恐る恐るカメラをつなぐ前にコマンドラインから、dmsgコマンドを見て、つないでdmsgコマンドを再度だすと、usb_cameraとして認識された。

fswebcam

次の問題が、なんでもいいからとにかくjpegの写真がとれるか?

sudo apt-get install fswebcam

とやりお手軽ツールをインストール

fswebcam -r 680x480 -F 100 ./test.jpg

-rがフレームの大きさ
-Fが撮影フレーム数
-Sが露光パラメーター

コメント