実はバカほど得をする社会

学生のころまでは、いや、社会人になっても、優秀な人こそがいい思いをする、と思っている人は多いのではないでしょうか?

確かに若いころの俺は、そう思っていました。が、今は違います。断言する。

世の中はバカほど得をするようにできている

理由は、シンプル。社会には理解度テストがないから。

こういう会話がITの世界では、しょっちゅう起きます。

A「すいません。御社の製品使ってるんですけど、CPU(使用率)が100%なんですよ。」
B「どのプログラムが消費しているか調べました?」
A「御社の製品がCPU使ってます」
B「負荷がかかってますか?」
A「大量にログインして使ってます」
B「CPU使うんじゃないですか?」
A「だって、100%って悪いんじゃないんですか?どうして100%になるんですか。なるんなら、マニュアルに100%になることがある、って書いておくべきじゃないんですか。」

これで、Aはエンジニアと名刺には書いてあります。
なにをもってエンジニアというのか、なにもテストはありません。だから、MicroSoft Wordに日本語で字を入力できたら、あなたもエンジニアと名刺に刷っても問題ないでしょう。

以前、電車の中で「私はATOKを使えるから、優秀な派遣だ。あんた、キャキュキョを入れられる?」と、長い爪を丹念に飾りつけた女性が叫んでいたのを見たことがあります。

話しを戻して、上の問答がヘンに要約されると、「Bは質問に質問で返すばかりで、ガイドしてくれない」と報告されます。そうすると、警察への届出と一緒で、先に被害届を出したAが有利になるのです。
さらにAの上司が出てくるとすると、間違いなくAよりも技術(現場)がわかっていませんから、主題については理解できません。もっぱら、態度とか仕事の範囲を自分達の有利になるように話しが展開されていくようになります。そういうヒューマンスキルだけで生き抜いてきた小ズルさが顔に浮かんでいます。
お客に正面から、「言葉はいいから、知ってる技術者連れてこい」と言われると、どうしようもなくなる人種ですね。

あ、断っておきますが、上は例です。単なる例。でも、あなたの周囲でも、似たようなことはよく起きていませんか?そうやって、スキル不足、技術不足という肝心な点がうやむやにされていきます。結果、上のAさんはまったく実力ないけど、エンジニアとして実力以上の給料が今月もつつがなく、もらえるのです。

これを先ほど書いたように、世の中はバカほど得をすると言っているのです。

でもね、いつも言うようにスキルに金が払われる時代じゃないですよね。きっと日本中で、アマチュアレベルのスキルで、プロとして働いている人はいるのだと思います。
理由はプロとしての給料をみんな払わなくなったから、アマチュアが入り込んできている。
そんな現状、あなたの周囲にもありませんか?

 

コメント