スマートフォンの無料アプリ、タダほど高いものはなかった

以下、ヤフーニュースより

パデュー大学の研究者がAbhinav Pathak氏、Charlie Hu氏、Ming Zhang氏、3人の研究者はEprofと呼ぶスマートフォン・アプリ向けのEnergy Profilerツールを開発し、Angry BirdsやFacebook、Webブラウザなど、Androidスマートフォンで人気の高いアプリが電力を消費する様子を分析した。その結果、広告を 表示する無料アプリではサードパーティの広告モジュールが最大75%を消費していることが判った。内訳は、ロケーションなどユーザーデータのトラッキング が全体の20-30% (NYTimesなど)、TCPソケットの終了に10-50%(ブラウザでのGoogle検索、Angry Birds、NYTimes、Maquestなど)となっている。この結果を受けてNewScientistは「たった1本のアプリの動作だけでも90分 ほどで電話のバッテリーが空になる可能性がある」と指摘している。

広告のフリして、電力をかっさらい、場所の情報も刻々と垂れ流しているということだ。

少しは怒ったほうがいい。

Googleも交通量の把握のため、Androiodからの情報を利用している。

それはそれでお互いさまというところがあるが、無料広告のフリして好き放題しているものは、さっさと駆逐したほうがよくないか? だから、Androidは。。。

 

コメント