集団的無責任

人間の心理には不思議な特徴があります。
「都会の無関心」です。この言葉の実例として、しばしばあげられるのが、ニューヨークのど真ん中で夕方、追い掛け回されながら全身10箇所以上を刺されて殺された女性があげられます。犯行現場の周囲のアパートに住んでいた多くの人が、被害者の悲鳴や助けを求める声を聞いていました。一般的には「それは、かかわりあいになりたくないから耳をふさいでじっとしていたのだろう」と考えがちです。実際、日本だとそうかも知れません。
ところが警察が後から調べて歩いたところ「自分がやらなくても誰かが助けるだろうと思った」という人が大半だったのです。
似たような事件が日本でもありました。2006年にJR北陸線特急「サンダーバード」で起きた強姦事件です。これも「かかわりあいになりたくない」というよりも「誰かが助けるだろう」と顔を見合わせていたのが、真相だったのではないでしょうか。

同様のことは、会社などでもしょっちゅう起きています。零細企業で数人だと、「誰かがやる」の誰かがいないから、自分でやります。大企業だとがっちり仕事を細分化するので、誰かはわかっているものです。
問題は数百人規模の中小企業だと思います。ガチガチに決めるほど大きくもないし、周囲を見渡してわかりきっているわけでもない。こういう会社が最もコミュニケーションが悪い、つまりコミュニケーションコストがかかります。
コミュニケーションコストは目に見えないが、事業をやっていく上で大敵なんです。10人くらいのプロジェクトですら、定期的にチェックポイントを設けるのは普通でしょう。これが100人になると10人の10倍以上にコミュニケーションパスは増えていきます。

それゆえ、中小企業のほうが実は会議がやたらとあったりするようです。お互いがなにをしているかわかればいいのですが、こういう課題を提起するとアホなコンサルは「ナレッジ・マネージメント」とか言い出します。でもね、ナレッジ・マネージメントって成功した会社はないと思いますね。自分にメリットがなく、いつ再利用されるかわからんのに、誰がきれいに資料をまとめてアップロードなんかするもんですか。従来の方法は、人間の気持ちがわかっていないやり方ですね。
最近は、新しいナレッジ・マネージメント方法が試みられていて、成功例もあるようです。
詳細はまだ、ナイショです。

コメント

  1. たぁ坊 より:

    第1段落の件は、実際に経験するまでは同じ意見でした。しかし、実際に当事者になると思わせぶりに他人に警告するのが関の山のようです。同席した他人も同じでした。せいぜい後で他の事件で立件されてから他の事件もあったと報告できる程度ではないかと思っています。それすらもしない人は多いのでは・・・。
     
    第2段落の件は数千名の親会社の子会社に出向時代に困ったことがありました。親会社では分業が進んでいました。お陰で無責任な人が多いのですが、子会社は数百名ですが、担当の仕事がオーバーラップしていて不透明でした。他人の領域でさえ、ドンドン侵略してでも納期面から処理速度を上げる必要がありました。それを経験してから親会社に戻ったので、頭に来てばかりいました。若手は偉そうなことを言う割には実力がなく、身勝手な傾向にありました。しかも、上司が自分の部署にも関わらず事業部制の如く無責任に仕事を押し付けて端末から吸い上がる集計業務しかせず、部下のフォローは零で当時は非常に憤りを感じたものです。規格化して部下に通達文書を配布すれば思い通りになると勘違いしていました。しかし、入社当初は、部署によっては横断的な対応を採っていました。従って、自分は事業規模ではなく上司次第だと思っています。
     
    最後の「ナレッジ・マネージメント」は確かに使えません。前記のような上司が増えるだけで意味がないことが多いからです。そうかと言って、過去のデータの蓄積は全く意味がないとも言えず、過去の蓄積が役に立つこともあるので、PCの発達もあり、短時間で履歴程度は残すように工夫して、必要都度、抽出することで、今後の開発やクレーム対応に適用すれば飛躍的な効果が期待できると考えて実行したこともあります。
     
    人の記憶は適当なものなので、重宝しました。